玉木くんからの手紙

来ましたね。確かにきちんと期日指定6/28のシールが貼ってありました。
用紙にまでこだわって、いつもの玉木くんの丁寧な文字。

何回も何回も読みました。
読んでいるうちに、涙が溢れて来ました。
悲しい涙じゃなく、あったかい涙。でも、なんで泣いてるのか自分でもよくわからない。
胸がいっぱいになって、あったかいものが沁み渡っていくような感じでした。

言葉の1つ1つの選び方、文章の流れがとても自然で、玉木くんの誠実さがしっかりと伝わって来ました。
玉木くんが木南さんとどのような温かい時間を過ごして来たのか、静かで強い愛情がそこで育まれていったんだろうなということが、しみじみと心に浮かびました。

玉木くんが結婚する、ということが、浮ついたネットの情報ではなく、無責任なワイドショーの喧騒ではなく、現実として、ちゃんと伝わりました。

ああ、こういう人だからあたしは応援して来たんだなぁ。
この人を応援して来た日々に間違いはなかった。
この人を好きになって良かった。
そう思いました。

感激しています。
結婚するという報告で、こんな風に思わせてくれるなんて。
本当に素敵な人なんだなぁと。


人生の大きな決断をした玉木くんは、人としてひと回り大きく見えました…レッドカーペットで穏やかに微笑む彼を見てそう感じました。
かねてより結婚願望が強く、家庭の温かさを求めている人だと知っていたけど、ここ数年は浮いた噂も全くなく、もう諦めちゃったのかなと心配していました。
でも、ちゃんと育んでいたんですね。大切に大切に。時間をかけて。
仕事や、ファンに向かう時のように誠実に、彼女に対しても。
ひとりの人といい関係をしっかりと、じっくりと築ける人であったことが、なおさら嬉しいのかも。


そして完璧な手順を踏んで結婚に至ったこと。
(最後の最後で思わぬタイミングで世間に知られてしまったのは、玉木くんのせいじゃない。心無い一部のファンの愚かな行為によることだから不可抗力ですから!)
おそらく数ヶ月前から準備して、互いのスケジュールと照らし合わせながら、関係先への挨拶や告知もおそらく済ませ、完璧なタイミングがこの日だったんでしょうね。

玉木くんのドラマ最終回
→木南さんのドラマ最終回
→レッドカーペット
→ファンへ報告
→マスコミ発表

完璧じゃないっすか!!
ドラマ関係者、映画の来日キャストや関係者にも迷惑をかけないよう、最新の注意を払ってことを進めていたに違いなく、最後の最後でまさか自分のファンに邪魔されるとは…不届き者に代わってお詫びしたい…玉木くんと木南さんに申し訳ないです。


そしてやっぱり、ファンの気持ちを大切にしてくれていたんだなということが、今回のことでもよくわかりました。
「結婚報告」に衝撃を受けるファンがたくさんいることを承知の上で、あの文章を考えてくれたのかと思うと、一つ一つの言葉選びにも泣けて来ます。
なるべくファンの気持ちを傷つけないように、でも自分の気持ちは偽りたくない…そんな思いが溢れていましたよね。


一抹の寂しさや、ほんの少しの痛みはあるかもしれない。
でもやっぱり、あたしはこの人のファンでいることが誇らしい。
だから、心から祝福します。


丁寧な手紙をありがとう。
気持ちはしっかりと伝わりました。受け止めました。
これからも今までと変わらない応援をしていきますよ!

お二人の未来がどうぞ明るく幸せなものになりますように。


玉木くん 木南さん
ご結婚おめでとうございます









"玉木くんからの手紙"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]