『桜の塔』第5話

第一部完結━━━━玉木宏史上、最も完膚なきまでに叩きのめされたんじゃないでしょうか。。。『平清盛』で父を斬れなかった時の義朝もボロボロだったけど、今回の漣に比べればまだまだ!と思えます。 「君のお父さんは勇敢だったよ。でも警察官としては三流だった。お父さんがどうして死ななければいけなかったのか、その答えが知りたければ、あの人と同じ道を辿るといい」父の葬儀で千堂にそう言われた日から、漣はずっとそ…

続きを読む

『桜の塔』第4話

2016年の出来事を描く第一部完結に向けて、いよいよクライマックス!ってことで、だいぶストーリー展開が早かった第4話。ちょっと駆け足気味かな?というくらいポンポン話が進んでいきました 前回は吉永部長(光石研さん)、今回は権藤部長(吉田鋼太郎さん)とのガチンコ対決の回でしたね。そしてラストにはまさかの千堂部長(椎名桔平さん)が!過去の回想を織り交ぜ、時に朝ドラみたいな“…

続きを読む

『桜の塔』第3話 (ほんの少し追記)

面白かったとにかく脚本の巧みさに唸る回でしたドラマ見ながらなるべく呟こうと思ってけっこう頑張ってツイッターもしてたんですが(←作品や俳優に関するつぶやきを拾ってすぐネット記事になるんですよね、ドラマを見ない人にもアピールになるから、いい言葉をたくさんつぶやくのは大切だと思って!)最後の種明かしというかどんでん返しのところでもう「すごい話だ」しか呟…

続きを読む

『桜の塔』第2話

展開が早いっいきなり赤字&太字&文字拡大で叫びたくなるほどの展開の速さにびっくりしました。第1話のラストで早くも爽に疑われる漣でしたが、第2話でもうどのくらい関与したのかもバレてしまいました。冒頭の柔道場でのシーンもラストの中華料理店(爽の実家)でのシーンも、この二人の対峙シーンはとても良かったラストのやりとりなんて、もうこれクライマックスじ…

続きを読む

『桜の塔』第1話

「あと少し…あと少しで全てが終わる」「サッチョウの悪魔だってさ。いつからだろうな…悪魔に魂売っちまったのは…」 冒頭、漣が父親の墓に向かって語りかける。サッチョウっていうのは警察庁のことですよね。上條漣はキャリア警察官だから、今の所属は警視庁刑事部捜査共助課だけど、そもそもの採用は警察庁なんですね。(←最近ようやく理解した) あと少しってなんだろう。何が終わるんだろう。これってやっぱり、漣に…

続きを読む

『桜の塔』制作発表記者会見!!

前回の記事アップから1ヶ月経っちゃって、ご無沙汰しててゴメンナサイ~ 前回の記事の最後に「今日一日で何回「楽しみ」って言葉使ったかな~」と書きましたが、ここ数日のあたしもこんな感じです。もうずっっと楽しみなんつっても予告が流れ始めたし!予告ご覧になりましたか?関東ではテレ朝は午後に3本もドラマの再放送枠があって、いろんな番…

続きを読む

『桜の塔』主演決定!!

朝からずっとフワフワしててすみません・・・ テレビ朝日 木曜夜9時 4月スタート『桜の塔』主演:上條漣 役木曜ドラマ『桜の塔』|テレビ朝日 (tv-asahi.co.jp) 公式サイト 先月末くらいに仲里依紗さんと一緒に撮影目撃情報があって、何かの作品の撮影に入ってるんだなぁと思ってましたが、まさか主演、しかもまた連ドラ、しかもテレ朝連ドラとは!!嬉しいーーー{%万…

続きを読む

『青天を衝け』第3回 

今回は高島秋帆先生の登場シーンもあるということで、しっかり見ましたよ第3回を見ていてすごく感じたのは「ものすごく朝ドラ風味だなぁ」ということ。『あさが来た』が放送されていた時、ツイッターやネット記事などで「これ大河ドラマでやればいいのに」という声がよく見られました。江戸時代末期スタートの時代劇(朝ドラ初)、大河ドラマ『新撰組!』で土方歳三役を演じられた山本耕史さんが同じ…

続きを読む

大河ドラマ『青天を衝け』始まりました~

ごぶさたしております。気付けばもう2月も終わろうとしてます1月22日のオンラインイベントからもう1カ月経ったんですね~。オンラインイベントのことについてはSNSで話したり書いたりするわけにもいかないので、このブログでも取り上げられないけど…また第2弾があるといいですね!運営から来たアンケートにもたくさん書いて返信しましたよ。要望とか感謝とか要望とか。玉木くん本人にも届…

続きを読む

お誕生日おめでとうございます!!(追記あり)

41歳のお誕生日おめでとうございます 今年は来月からスタートする大河ドラマ『青天を衝け』高島秋帆役と、5月公開予定の映画『HOKUSAI』喜多川歌麿役がわかっているけど、これら以外にもいろいろ決まっているお仕事があるのでしょう 去年は『竜の道』でハードボイルドでシリアスな復讐劇、『極主夫…

続きを読む

謹賀新年2021年\(^o^)/

始まりました2021年手放しで喜べない世界的な危機的状況下ではありますが、まずは自分自身や家族がとりあえず年を越せたことを喜びたいと思います。この年末年始は、コロナ関係なくいつも通りの寝正月…いつもと違うのは、1月6日現在まだ初詣に行ってないことと、実家への年始挨拶が玄関先でのドライブスルーだったことそれと、実家の母が病院で年を越してしまったこと。…

続きを読む

今年もお世話になりました…さよなら2020年

今年はおかしな年でしたよねぇ・・・ 去年の今ごろは、RA★MGのハワイ写真の申し込み、1月から始まる新WEBサービスのこと、そして1月のイベントのこと等々でわくわくウキャウキャしておりました。(今ブログ見返してみた)やたら<!!>がたくさんある文章…落ち着きなさい今年1月のイベントでは2020年のお仕事予定にも触れて「たくさん皆さんの前に姿を見せる一年にな…

続きを読む

『極主夫道』 最終話 感想その2

最終回の冒頭10分には、龍の格好良さと玉木宏の格好良さがギュギュっと凝縮されて詰まってるなもんで、ついついブログ記事一回分費やしてしまいましたがとくにね、龍の家族に対する想いの強さって、玉木くん自身とも重なるように思うのですよ。玉木くんも若い頃からすごく父性強めの人ですよね。実生活でも今年ついに念願の父親となり、向日葵の父親になろうとしている…

続きを読む

『極主夫道』 最終話 感想その1

のっけから橋本じゅんさんと滝藤さんに笑わせてもらいながら始まった最終回そうですよ最終回!7月28日スタートの『竜の道』から始まった2クール連続の玉木くん連ドラ主演の日々…約5カ月続いた祭りが終わったけど、まだ余韻に浸りまくりです おそらくは偶然続いた“裏社会に足を踏み入れたキャラクター”という設定の二作品で、視聴者に「玉木宏ってこういう役も…

続きを読む

『極主夫道』 第9話 感想

第9話は冒頭のくっきー!の車屋さんのところからしてアドリブ祭りでした~!Twitterでもたくさん言われてましたね~、くっきー!や水野美紀さんらが繰り出すアドリブの波状攻撃に思わず吹き出す俳優さんたちがほとんどのなか、ピクリとも笑わない玉木宏スゲーーーって主役まで崩れたら収拾がつかなくなるからだろうって言ってる人が…

続きを読む

『極主夫道』 第8話 感想

(ブログトップに『危険な関係』の画像が見出し画像として出ちゃってますが、この設定直せなくて…気にしないでください~) 「一度食うたもんはこの舌が忘れへん」第8話はこの冒頭の龍の台詞がストーリーのオチにつながる伏線になってましたね~。 回を重ねるごとに、玉木くんはもはや龍にしか見えなくなってて、元の玉木くんの顔や表情を忘れそうになるんだけど{%うれしい顔docomo…

続きを読む

『極主夫道』 第7話 感想

今回は古川雄大さん演じる酒井巡査の回!面白かったですね~今までで一番笑ったかも!玉木くんの龍ももう初っ端からノリノリっていうか、美久のお宝フィギュアを壊して証拠隠滅するくだりとかのスピード感やら玉木くんの演技そのものがおかしくってネオポリスガールの青いのん!←この言い方が好きお店に探しに行って値段にイチャモン付けるところなんてまんまヤクザだし!体の動きがね、あまりに自然に…

続きを読む

『極主夫道』 第6話 感想

結構まだ前回第5話の余韻に浸っているワタクシですがだって、手負いの獣のような龍がそそるし…(車に轢かれて倒れてるところやフラフラしてるところ)ふたりが出会って恋に落ちるまでの過程がまた!龍が最高にカッコいいし結婚式のシーンは久しぶりに玉木くんの和装の着こなしや所作を楽しめるし第5話は全編見所…

続きを読む

『極主夫道』 第5話 感想(追記あり)

いや〜〜カッコよかったねぇ〜龍土砂降りの雨、薔薇一輪、プロポーズ、抱き合う2人……こんなことやっていまどき寒くなるどころか「カッコ良すぎる!!」とこぞって叫ばれる人なんて、玉木宏以外にいるだろうか、いや、いまい。反語。雰囲気とか流行りの顔とか、そんな上っ面だけのイケメンには無理です。王道の中の王道のアイテム、シチュエーションは、本物の二枚目にしか許されない所業です{%…

続きを読む

『極主夫道』 第4話 感想

4話も原作のエピソードがたくさんちりばめられていて、まぁ賑やかなこと瑠東監督の回は特に賑やかな気がするし(騒々しいとも言う)、監督お気に入りの志尊君がよく殴られるよね(監督はインタビューで、志尊君が殴られる姿が面白いと語ってました)。まぁちょっと殴られ過ぎでかわいそうになってきましたけど… 原作と同じエピソードは、…

続きを読む

『極主夫道』 第3話 感想

第3話もハチャメチャに振り切ってましたね〜兄貴ィと、思わず雅ふうに言いたくなるような極道桃太郎の熱演っぷりでしたあの「オギャー!」が忘れられない…ガラの悪い桃太郎になりきった龍を演じる玉木くんを見ながら、(そういや玉木くんの舞台が見たいって思ってたよなぁ)(そういや玉木くんの時代劇が見たいって…)という思いが浮かんでいたのはあたしです。そ…

続きを読む

『極主夫道』始まりました~!第1話&第2話 感想

10月11日からスタートした『極主夫道』第1話、第2話と続けて視聴率も2ケタ獲得、まずまずのスタートとなりました~ 原作も玉木くんの龍役写真帯付き本を1巻から5巻まで揃えました!ネットでチラチラと読んでいたんですが、やっぱり単行本で持っていたい玉木くんがあまりに原作の龍さんに寄せてきているので、完全に玉木龍に変…

続きを読む

『竜の道』 最終回 感想 〈3〉

こっちを書き上げる前についに『極主夫道』が始まってしまい、ついつい不死身の龍のカッコよさに浮かれてしまってますが(^^;;こちらもちゃんとしないとね! いよいよラスト…三人の兄妹について。 吉江美佐(松本穂香さん)美佐は、その可愛らしい外見に騙されそうになるけど、ものすごく強い女性でしたね〜。最終回でも単身曽根村会長宅に竜一を探しに乗り込んだり。でもそれも、まゆみに嫌がらせされてた時…

続きを読む

『竜の道』 最終回 感想 〈2〉

だいぶ間があいてしまいました…しかも最新作『極主夫道』スタートまであと数日…私はドラマや映画のレビュー書くときはいつも録画をこれでもかとリピして再生しながら書くんですが、今ちょっとなかなかそれがしにくい状況になってしまって(>_<)今もこれ、実家にiPad持ってきて書いてます。なので、『竜の道』の録画を見れずでも、これを終わらせないと龍さんに行けないし、な…

続きを読む

『竜の道』 最終回 感想〈1〉

最終回の感想が遅くなってごめんなさい実は、ちょうど最終回の日から身内が病院のお世話になることが起き、なかなか家でじっくりブログ記事を書く時間と気持ち的な余裕がなくなりまして…なかなか落ち込んだりもしておりますが、ツイッターをご覧の方はおわかりでしょうが、ヒマを見ては玉木くん情報に癒されておりますのだめの再放送、『…

続きを読む

『竜の道』 第7回 感想

竜一が…ついに追い込まれました。のっぴきならない状況に今回は、いろんな人の“思惑”や“想い”が竜一を追いつめる回でした。 キリシマ急便のクーデターが失敗に終わり、晃を切り、今度はギリギリの手段として、源平に「人を殺させる計画」を始動。正確には「源平に曽根村会長への殺人依頼をさせ、その証拠を掴んで破滅させる」もちろん本当に殺しをさせるわけではない、と。 でもね、これは竜一…

続きを読む

『竜の道』 第6回 感想

今回は霧島源平・芙有子夫婦のすれ違う切なさ、霧島晃の迷いと裏切り、そして竜二の迷いと、竜一竜二の間に生まれつつある不協和音…不穏な響きが遠くから微かに聞こえてくるような、そんなお話でした。前回のラストで、あんなに感動的な涙の抱擁で兄弟の絆を確かめ合ったというのに~! 今回の冒頭のシーンから、予兆は始まっているように見えます。。前回のラストの続きという場面からで、二人はあの…

続きを読む

『竜の道』 第5回 感想

はぁ~~~……昨日の放送からずっと、いまだにズーンと悲しい気持ちを引きずったままです…しんどい。きっと竜一の悲しみに過剰に反応してしまっているんですね。だからここに何か書くことで吐き出さないと、夜になっても明日になってもずっと悲しいままだな。だから悲しいけど頑張って書きます。えーん だって、竜一の涙が辛すぎて。玉木くんの涙はいつだって…

続きを読む

『竜の道』 第4回 感想

今回はこれまでよりサスペンスタッチ、ハードボイルド感増し増しの回でしたね~美佐がまゆみから受ける嫌がらせ、それを陰から阻止しようとする竜一久しぶりに竜一のアクションもあってワクワクしましたが、もっともっと!もっとくれ~!でも一瞬だったけどかっこよかったなぁ~公園でホスト2匹をシメたあと…

続きを読む

『竜の道』 第3回 感想

今回は霧島家長女 まゆみ と、竜二大活躍の回でしたね~。 いきなりまゆみのワガママお嬢様の波状攻撃「何が目的?」「婿入りして社長になりたいの?」「ここ寒い」「乾燥してる」「あの壁の絵なに?どけてよ」←こ、こんな台詞聞いたことない~!凄い!「まずい。下げてこれ」 竜二も初めは面食らっているようでしたが、体勢を立て直して「試してますか?私のこと」「あな…

続きを読む