大河ドラマ『青天を衝け』始まりました~

ごぶさたしております。気付けばもう2月も終わろうとしてます
1月22日のオンラインイベントからもう1カ月経ったんですね~。オンラインイベントのことについてはSNSで話したり書いたりするわけにもいかないので、このブログでも取り上げられないけど…また第2弾があるといいですね!
運営から来たアンケートにもたくさん書いて返信しましたよ。要望とか感謝とか要望とか。
玉木くん本人にも届いてたらいいなぁ。

そして今月14日、例年より1カ月遅れでスタートしました大河ドラマ『青天を衝け』。ご覧になりましたか?
あたしはリアルタイムでは見られないんですが、しっかり総合とBSプレミアムの両方を録画して……るつもりだったのに、なぜか両方とも録画できておらず
こんな失態初めてで相当焦りましたが、なんとか土曜日の総合再放送を録画できたので、
セクシー過ぎる罪で捕縛された罪人高島秋帆先生のお姿を確保できました(←ちょっと違う)。
第1回だけはTVerで配信してくれたので翌日には見れてたんですけどね、やっぱり大きな画面で見ると違います

録画をミスるなんて初歩的な失敗を犯したのには自分でも心当たりがあって。
まぁなんというか、たるんでたんですよね。要するに、観るぞ!というテンションが下がってたんです。ごめんなさい
大河は関連番組も多く、プレマップやらあれやこれやを予約してたら、本放送も予約済んでる気になってました。
でもそれをちゃんと確かめてなかったのは、テンション下がってたから。
渋沢栄一にそこまで興味がわかない(ごめん)ことに加えて、直前に流れたあるニュースでかなりどーんと下がってしまいました。
(それが何かについてはここでは触れませんのでお察しください。名前も挙げちゃダメよ)

それと、玉木くんは既に大河ドラマはクランクアップしてたとガイド本で知って、思ってた以上に出番は少なさそうだなぁ~とガッカリしてしまって
寂しくなっちゃって。
寂しくなるとテンション下がりません?あたしだけかな。

Twitterが色気ダダ洩れ罪で縛り上げられる玉木宏(だから違)に大盛り上がりしてるのはしっかりチェックしてました!大河ドラマ初回の話題をさらってましたもんね
「野生の玉木宏」というパワーワードまで生まれてました
その時の詳細はこちら→https://togetter.com/li/1668363
大河ドラマ『青天を衝け』の玉木宏が美しすぎて心をかっさらわれた人たち
「野生の玉木宏」「色気ダダ洩れ罪」

Twitterのまとめですね。こういうの誰かが勝手にやってるんですよね。あたしのツイートも勝手に使われてました
本来は勝手にまとめられるのはイヤなんですが、これは良いまとめです
Twitterをご覧にならない方にも視聴者のリアルタイムの興奮が伝わるんじゃないかな。

謎の罪人高島秋帆。篭に押し込められて運ばれる登場からミステリアスなムードに包まれてましたね~
森の中で主人公たちの前に姿を現した高島秋帆は、なんというか、この世のものではないような神秘性すら漂わせて…精霊?神様?色気の神様なの?(違います)
こういう「只者ではないオーラ」を演じさせたら、玉木宏の右に出る者はいませんね
玉木君が演じているだけで「この人はただの罪人じゃあないはずだ」という説得力ハンパない。ついでに言うと「その罪はきっといわれなき罪、なんなら冤罪だろう」と。
大森美香氏の信頼を受けてのこのお役なんだろうと思います。新次郎さんの時と同じで。

岡部藩の陣屋の牢で栄一と短い言葉を交わすシーン。オランダ語で朗々と世を憂える言葉を紡ぎ出す秋帆。僅かに差し込む月明かりに照らされる秋帆の美しいこと。。彫刻のようなその横顔だからこそ、その人の人品、教養の高さ、心情まで切々とこちらに伝わってくる。
(平たい顔族だとこうはいかないのよ
こんなに月明かりが映える俳優が他にいるだろうか、いやいまい。(反語)。
『恋愛小説』の聡史、『殴者』の暗雷、『MW』の結城、『銅雀台(曹操暗殺)』の穆順、そして『あさが来た』の新次郎さんも。
新たに『青天を衝け』の高島秋帆がこの列に加わりましたね~

ただね。渋沢栄一は1840~1931年、高島秋帆は1798~1866年の人で、栄一が一橋慶喜の幕臣となるのが1861年。
もしすれ違うことがあったとしても、本当にほんの少しのことで、栄一の人生に深く関わった人物というわけではなさそうですよね……ああもったいない!
せっかく9年ぶりの大河出演なのになぁ~本当にスポット登板なんだなぁと思うとね、わかってたことではあるんだけど、いまさらながらにもったいないなぁと。内心地団駄踏んでしまうですよ。。。

初回録画失敗したテンションやや下がり案件はもうひとつありました、事前番組「50ボイス」に玉木君のインタビューが無かったことです。これがワタシ的に大きかったなぁ~。そんなに“ゲスト出演”枠なの~?!と思っちゃって。
第1話の話題をさらった高島秋帆が素晴らしかっただけに、なおさら残念な気持ちが湧き出しちゃって。うーん。。



楽しみにしてた大河ドラマのこと、次のお仕事発表を待ちながら、ちょっと寂しいモードに入りかかってたここ数日。
(しかも第2話には出てこないし
昨夜、偶然読んだ中谷美紀さんのインタビューにちょっと気持ちを救われました。

中谷美紀「国際結婚、夫の一人娘……オーストリアで私を変えた新しい家族」(婦人公論)

記事そのものは1週間くらい前に出てたようなんですがあたしは昨夜知って、ちょっと長いけど一気に読んでしまいました。
玉木君と同じ2018年にご結婚されて、いまはパートナーの方とオーストリア在住。
ご自分をとことん追い込むストイックな性格、演技に対する厳しく真摯な姿勢。でもそうやって仕事のためにすべての「人生を犠牲にしてきた」ことを「愚か者だった」と。

玉木君とはタイプの違う役者さんだろうと思います。玉木くんはオン/オフの切り替えがもともと上手みたいだし、仕事以外の時間も大切にしてきた人だと思うから。
でもあらためて、人生のパートナーを得て、新しい家族を得て、新しい人生のページを繰った中谷美紀さんの笑顔が美しくて輝いていて、あたしはどうしても玉木くんのことを思い浮かべずにはいられませんでした。
まぁいつもなんでも玉木くんに結び付けちゃうんですけどね。
玉木君も、子供の誕生という大きな人生の節目を迎えて、仕事や生き方についてたくさん考えて、いま思い切り人生を味わっているんだろうなぁと。
変化を恐れず、どんな時間も大切に過ごしているんだろうなぁと。

そうして昨夜眠りについて、朝起きて、スマホを開いたら、木南さんが4月の連ドラにご出演とのニュースを見ました。
あたしすごく嬉しかったんです
不思議と「え~玉木くんは~?」とは思いませんでした、これっぽっちも。
玉木君がしっかりサポートするんだなぁ、だから木南さんもこうして連ドラ復帰できるんだなぁ、いいなぁ素敵だなぁと思いました。

そんな風に素直に思えたのは、前夜に中谷さんのインタビューを読んでいたからかもしれません。
中谷さんも木南さんも玉木くんも、それぞれにご自分の人生と向き合い、納得のいく選択をし、大切な人たちとの信頼と愛情を深め、それぞれの人生の局面をしっかり歩いている。
そんなふうに自然に納得しちゃいました。

わかりませんよ、明日にも玉木くんのお仕事が発表になるかもしれないし。今この瞬間、玉木くんがどこで何をしてるかなんて知りようがないもんね。(CMか何かの撮影は着々とこなしてるみたいだし

でも少なくとも、あたしたちの惚れた男は、ちゃんと奥様のお仕事が上手くいくようにサポートできる有言実行の男だったわけです!
赤ちゃんのお世話は大変ですよ~でも玉木君ならきっと大丈夫。ご家族もいるしシッターさんを雇うこともできるし、木南さんも安心してお仕事を受けられたんでしょう。
結婚するときに誰もが言う「お互い支え合って」という言葉通りに、家族として、逃げずに人生と向き合える男だったんです
惚れ直してまうやろ~~


というわけで、だいぶ大回りしましたが、気持ちが持ち直してきました。
大河ドラマも、もう録画ミスったりしないように、ちゃんと予約しました!(←そこ)
あ、ただ、感想は玉木君出演回のみになりますことをご了承ください
第1話の感想は、とにかく玉木くんがカッコ良かったので満足です

あとは、玉木くんの新しいお仕事のお知らせも、早く知りたいなぁ











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 57

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • レミママ

    すももさん今晩は🌃
    お待ちしておりました…と言うのも私も全くすももさんと同じ気持ち駄々下がりです⤵️

    私は心が狭いので脚本家さんまで嫌いになりそう「又~勘弁して😣」って気持ちです。
    玉木さんが今とっても幸せなのはわかっているんです💕
    でも実力は充分あるのに小さな事務所だけに悔しい思いをしているかも💨と思うと悔しくてなりません。
    余計なお世話かもしれませんが、大好きなので😆

    本当はもっと腹立っているのですが、以前書いたブログですももさんにはご迷惑をおかけしたので😅

    大河は玉木さんが出演しない回は見ないので木南さんのドラマとパン旅を楽しみに、玉木さんのドラマ情報を心待ちに過ごしましょう😌
    2021年02月24日 19:59
  • トマト

    すももさん、こんばんは。
    オンラインイベントの感想、要望、沢山書きました。
    初めての試みだったからきっと玉木くんもどんな反応だったのか目を通してくれたと信じています。今までのイベントでもアンケート用紙をみてくれていたから・・
    1話後半からの川辺に立った時からの高島秋帆の存在感と圧倒的なオーラ全開のお芝居の凄さ!オランダ語で朗々と日ノ本の行く末を案じる素晴らしさに観る者の心をぶち抜き掻っ攫って行った玉木宏はその佇まいと内なる心情や所作に圧巻の魅力ある力量を見せつけましたねぇ!
    だからこそ私も悔しさでいっぱいなんです。
    大河9年目にしてご出演!もうね、その発表を聞いてワクワクして待っていたんです。当然のこと50ボイスに入っていて感想や撮影秘話も聞けると思っていたのに。なんで!入ってないの!
    NHKあさが来たでは、あれほど貢献したではないですか!
    そして2話では出番がないとは!
    3話ではお前も励め、必ず励め。という場面はあるけれど、西洋式砲術指南役としてのシーンは何話くらいまであるのだろうか?
    そう思うと気が滅入ってしまう。もっともっと観られると期待していたのに。

    晴夏ちゃんの連ドラにご出演で思った事は、奥さんが仕事をしたい人ならちゃんと支えて上げたいな。結婚のワードさえ出ていない時のインタビューで言ってた通りでした。
    そしてbabyちゃんの事も全面的にサポートをしているからこそ晴夏ちゃんも安心してお仕事に頑張れるんであって、そんな玉木宏にまたまた惚れています。
    babyちゃんももう7ヵ月、どんなにか愛らしくニコッと笑った時にちっちゃい真っ白な下歯がみえてる頃かなぁ・・って麗しいご家族の光景を想像してニマニマしてます。
    すももさんが婦人公論をRTされた中谷美紀さんの生き方の中身が玉木くんと重なって幸せはまず自分の家族を大切にしないといけない、中谷さんも玉木くんもそれぞれに素晴らしく地に足を就けて芸能人である前に立派な品格のある人なんですよね。
    青天を衝け、玉木宏の感想話が短いのが辛いですね。





    2021年02月24日 21:01
  • パープルポテト

    すももさん、がっかりしたのや寂しかったの少しわかります。
    でもまずは秋帆さま。
    渋沢龍彦(一族では東の家の系譜)には興味があっても栄一さんにはほぼ興味なかったのに見たのは秋帆様のため!ですよ。
    他の登場人物が直情型の人が多かったせいもあってか、この人何者?何を考えているの?という秋帆さま、際立ってました。ファンへのサービス(と信じている)も嬉しかったですね。
     第3話にも期待しています。
    2021年02月25日 09:31
  • こば

    すももさん、お久しぶりです。
    玉くんはもうクランクアップしたのですか?
    母親とがっかりしてます。前半しか大河は見ないかも。特に後半は見ないと思います。だって……………………………………………

    実は私、今月スマホデビューしたんです。スマホでこのブログをみたら、コメント欄が見当たりません?だからパソコンからコメントしてます。
    スマホからもコメントできるんですか~?
    2021年02月26日 09:59
  • こば

    コメント入力欄ありました🐱
    いまスマホから入力してます‼️
    失礼しました。
    2021年02月26日 10:15
  • すもも

    >レミママさん
    私もきっとレミママさんに負けないくらい心狭いです!ほんとマジ勘弁…(-_-)
    私も元々玉木君の出番が終わったら見ないつもりですヨ。ちなみに第2話は倍速で流し見しました(^^;;
    そもそも玉木君が出てない日本のドラマは見ない人なので。(あ、でもクドカンドラマは見ます。)
    お腹立ちはごもっとも。よーくわかります。私も叫びたいです。今回のことも玉木君の名前と並べられてるだけでイライラしてます(>_<)
    あの時手放したはずの怒りは全然変わらずそのまま私の中にあるんだなぁと再確認しました。
    でもきっともうすぐ次の情報が来るでしょう!パン旅もあるしね。
    2021年02月26日 15:31
  • すもも

    >トマトさん
    50ボイスですよ…必ずここでインタビューあるだろうと思ってたから、出て来なくて(あ、そういうこと?)って思っちゃって。ほぼゲスト出演なのか〜せっかくガイド本も2冊買ったのにー(>_<)ってね。
    あと何回秋帆先生のお姿が拝めるかわかりませんが、主人公の動きとは関係ないところでの話になるだろうし、ほんと、もうないかもくらいに思っておきます。出てきたらラッキーってことで(^^;;
    でも9年ぶりの出演なのに、もったいなさすぎです。NHKもバカだなー。
    でもでも、今年もたくさん会えるはずなので、新しいお仕事情報を待ちましょうね!突然やって来るあの瞬間を毎朝心待ちにしてます( ^ω^ )
    奥様のパン旅もあるし、夫婦でNHKに出演してるなんて素晴らしい!ベビちゃん7ヶ月かぁ〜そろそろ動き始めて大変だぞ〜若パパ若ママ頑張って〜〜\(^o^)/
    2021年02月26日 15:48
  • すもも

    >パープルポテトさん
    澁澤龍彦ってフランス文学者の人ですよね(名前しか知らないんですが(^^;)
    渋沢栄一の親戚なんですね。いまwikiで調べたら競馬評論家の大川慶次郎も渋沢栄一の親戚筋と知ってびっくりです(私はこっちの方がわかる)
    500もの企業創業に関わったなんてものすごいバイタリティだし、あさちゃんをさらにパワーアップさせたような人ってことで大森美香さんがそれを手がけるわけできっと面白いんだろうなぁってことはわかるんですけどねσ^_^;
    そもそも日本のドラマ見ないのでご容赦くださいってところです。
    第一話の話題を全てかっさらっていったってことで満足することにします!第3話には出るんですよね。見納めになるのかな〜(T_T)
    2021年02月26日 16:04
  • すもも

    >こばさん
    大河ドラマのガイド本は、NHK出版のものと、TVガイド特別編集版、NIKKO MOOK(おとなのデジタルTVナビ特別編集版)の3種類出てます。そのうちNIKKO MOOK版の61ページに玉木君のクランクアップ写真が載ってるんです。第1話の赤い櫛を手渡すシーンが最後だったようです。
    (私は後者2冊を買いました)
    だい16話まであらすじが載ってて(1864年の天狗党の乱が描かれる)、15話では栄一が秋帆先生の活躍を伝え聞く、というくだりがあるようです。これももしかしたらナレーション処理かもなぁ…。次回の綺麗になった秋帆先生のお姿を目に焼き付けて、いつかまたの出演を期待しましょう(涙)お母様を慰めて差し上げてくださいね〜。

    ところでスマホデビューおめでとうございます(^o^)/
    スマホから大概なんでも見に行けますヨ♫
    2021年02月26日 16:30
  • たーぼー

    すももさん、こんにちは🎵めちゃくちゃご無沙汰しておりましたが、私も東光太郎(篠田さん)大好きですよ❤️(いつか親子役で共演ないかなあ🙏)そしてめっちゃ心狭いし。まあ今回の大河、新作を見られるという高揚感がなくて、こんなに盛り上がらない自分どうよ!愛が冷めたのか?ってちょっと心配になっておりました。元々好きな時代じゃないし、50ボイスの扱いにトドメのあれでしたし(朝ドラファン全員歓喜すると思うな😠)。初回も😑な感じで見ていたのですが、野生の玉木宏の破壊力たるや❕正しい玉木宏の使い方😆👍️✨ やっぱ大好き💕結局何度もリピしツイ追って寝不足でしたでも三話で出演終わりかなあ(新しい情報もちらほらで、もうどうでもいいですけど)
    それから、中谷さんの記事ありがとうございました。最初見つけた時に後で読もうと思いながら、すっかり忘れていました。改めて彼女の聡明さを再認識出来たし、また共演して欲しいなあと思いました。なんならパン旅にご出演でも(なに様?)
    2021年02月28日 17:09
  • すもも

    >たーぼーさん
    お久しぶりです(*^o^*)
    つぶやき読まれてしまいましたね〜f^_^; そうなんです、シリーズ中でウルトラマンタロウが一番好きで、それはひとえに篠田三郎さんが好きだったから(//∇//)
    子供ながらにいい趣味してたなぁ〜品がある人が好きなのは今に通じてます!
    50ボイスがねぇ…登場しなくてびっくりでしたよね。それで察しました、こりゃ思った以上に登場は少ないんだなぁと。トドメは…お察しください(^^;;
    秋帆先生の出番はおそらくあれで終了。公式サイトやガイド本、ネット記事を辿れば全て把握できるくらい短い登場でしたが、Twitterで見ていた人の反応を後追いして物足りなさを埋めています。玉木君の圧倒的な存在感やオーラを認めてくれる人がたくさんいてくれて、ホクホクしてます。「野生の玉木宏」って最高のネーミングでしたね!

    中谷さんとの共演、またあるといいですね〜(*^o^*)
    2021年03月01日 20:57