日テレ10月期『極主夫道』主演決定!!

今朝はこのニュースでいっぺんで目が覚めましたよ〜!!

『極主夫道』公式サイト(毎週日曜よる22時30分)

玉木宏が極妻ならぬ極夫に!プライベートでも得意な家事魅せる(サンスポ)
(「関係者によると玉木自身も炊事、洗濯、掃除と家事はなんでもこなす。最近もコロナ禍の在宅期間は家事を手伝っていたという」だそうです

玉木宏、元極道の専業主夫に 10月期「極主夫道」で日テレ連ドラ初主演(シネマトゥデイ)

玉木宏が「極主夫道」に主演、“元極道の専業主夫”に(シネマカフェネット)

ほかにもたーくさん!

そういえば、日テレで連ドラ主演を務めるのはこれが初めてなんですね!スペシャルドラマは『家族貸します』があったけど。
あと連ドラ主演してないのはテレ朝だけよ~それもすごいよね!スペシャルドラマはNHKから全民放まで主演経験済みなのよね

以前ツイッターで、この原作ファンの人たちが実写化するなら玉木宏がいい!って盛り上がってて、その時この原作を知りました。
でも読んだことはなくて、今回試し読みできるサイトがあって読んでみましたよ…すっごい面白いの!

「極主夫道」おおのこうすけ 第1回 くらげバンチ

背中に竜の彫り物ですわよ奥さん!
水泳とボクシングと、最近はブラジリアン柔術で鍛え上げた玉木くんの鋼のような肉体に、あの広い背中に、さぞやこの彫り物(のメーク)は映えることでしょう
専業主夫ですから、料理も掃除も買い物もなんでもやります。で、玉木くん自身どれもお手のものだから、そういうシーンも楽勝!
なんたってあの美しい手で華麗な包丁さばきをするところをドラマで見られるんですよ!

それに関西弁!ゴリゴリの極道者の関西弁ですよゴルアァァァ!!(恫喝
『あさが来た』で上品なはんなり船場言葉、『女の勲章』では敏腕かつ狡猾な銀四郎の大阪言葉、そして今回はゴリゴリのヤクザな関西弁…玉木くんの見事な関西弁バリエーションが楽しみすぎるー!

嬉しいなぁ嬉しいなぁ~もうね、朝からフワフワしっぱなしで、肘を壁に強打しましたよ!(痛い)

しかし、これは偶然なんでしょうか?来る7月28日から始まるカンテレ・フジテレビの『竜の道』に続いてこの『極主夫道』
裏社会モノで生きる玉木宏を見たい見たいと願い続けたあたしを喜ばせるために局をまたいで仕組まれた壮大なプロジェクトなんでしょうか??(違います)

『竜の道』では育ての親を破滅させた男に復讐するために自らの死を偽装し顔を変えて、裏社会でのし上がる竜一を演じ、
『極主夫道』では裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道“不死身の龍”(たつ)。そんな彼が極道から足を洗い、専業主夫になる。。

そっか、竜一は復讐を果たし、愛する女性と出会って足を洗い、主夫になるのねー! (たぶん違う)
だってまさかの名前まで一緒!放送順が逆でなくて良かったよね!頭こんがらがっちゃうw
・・・いやいや、関係ないから


それと、原作漫画のプロモーション映像があったらしく、こちらで龍を演じているのは声優の津田健次郎さんという方です。

「極主夫道」実写版PV

声優ファンやこのPVを見ていたファンは「ツダケンがよかったー」と公式や原作者さんのアカウントにまで凸してますが
まぁ、このPVを見る限り、玉木くんなら楽勝じゃないですか?(シーッ
ハードル高いとか玉木宏じゃ優しそう爽やかすぎるとか、いろいろな声がありますが、不思議と全然イラっともしません
彼らはたぶん義朝も真島も見たことないんですね。それどころかたぶん多くの人が、千秋から自分の記憶がアップデートされてなさそう。
漢気溢れる剛の者の演技、凄みある怒号を知らないのねーかわいそうー(煽るのヤメナサイ
彼らが玉木くん演じる龍を見て手のひらクル~っと返すのを見るのが今から楽しみです!

どシリアスな極道からご近所の奥様付き合いも楽しくやれちゃうコミカルな表情まで、玉木くんならきっと完璧に漫画原作の世界観を演じ切ってくれるでしょう!
確信がありますよ、あたしは


まだ発表になっているのは主演の玉木くんだけですが、原作ではインテリアデザイナーの妻・美久、舎弟の雅(まさ)等、キャスティングが楽しみなキャラクターが奥さん役が早く知りたーい!

番宣も楽しみですね~今度こそゴチとかしゃべくり007とかも見たいけど、じっくりトーク番組にも出てほしいなぁ。久しぶりのアナザースカイとかおしゃれイズムとか!

『竜の道』が9月に終わっても、10月から年内いっぱい玉木くんに逢えます…幸せ








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 33

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • パープルポテト

    すももさん、驚きましたよね~!
    すももさんの妄想通り、続編(というかパロディ)じゃないかと思うような10月期ドラマ! 玉木くんのギャップに萌えたいファンには楽しみでしかない! いきなりシャワーシーンから始まって欲しい!
     いやいや・・・あまり興奮し過ぎるとけがするといけませんからね、本当にすももさんもお気をつけて下さい。
     脚本が『探偵が早すぎる』の人ということで、あれ結構楽しんで見ていたので余計楽しみです。
    2020年07月08日 18:16
  • 三毛猫コフィ

    待てば海路の日和あり((笑))
    今年はこれで年末までOK
    来年は北斎が待っている~♪♪~
    2020年07月08日 22:10
  • すもも

    >パープルポテトさん
    ホント驚きましたよ〜まさにびっくりぽん!
    そう来たか〜という驚きと、上にも書きましたが原作をちらっと知っていたので、まさに原作ファンが喜んでくれている!やった!という気持ちです\(^o^)/
    ほんと、『竜の道』はきっと始めから終わりまでキツイ物語になるだろうし、どういう結末になるかわからないけどどこを切っても“どシリアス”。
    続く『極主夫道』は、辛い思いをした竜一がささやかな幸せを掴んだなら…という妄想パロディとしても楽しめそうです!なにより『極主夫道』を見る予定の皆さんに先に『竜の道』も見てもらえたらなぁと(*^^*)
    いきなりシャワーシーン!!ファーストカットはそれでぜひお願いします!!(鼻血)
    2020年07月08日 23:20
  • すもも

    >三毛猫コフィさん
    「待てば海路の日和あり」本当ですね〜(実感)
    そうなんですよ、このあと年内いっぱい玉木くんのドラマを楽しめるんですよ、しかも主演!!なんて贅沢なんだ〜と幸せを噛み締めています!
    *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
    去年後半は寂しかったですもんね、そのぶん今年はこのあとたっぷり玉木くんに溺れまくりましょう〜!
    来年は歌麿に会えますね!忘れてませんよ(≧∀≦)
    2020年07月08日 23:27
  • ロシナンテ

    すももさん
    こんにちは。時々ひそかに訪れさせていただいています😄
    これは玉木くんにぴったり!と思ったけどいろいろ批判があるのですねぇ。
    まだ見てもいないのに。津田さんも素敵な方ですが玉木くんも
    スタッフさん達もきっと楽しい作品に仕上げてくれると信じています。
    昔はこういうことにいちいち悲しくなっていましたが、このコロナで
    脊髄反射で発言する人達の多さ、ばからしさが身に染みたのでかえって
    今では気にならなくなり、自分の思いを素直に大事にしてればいいと
    思うようになりました。
    周りが何を言おうが私は玉木くんがどのように演じてくれるか楽しみです。
    共演者の方々も気になりますね!
    2020年07月09日 07:32
  • トマト

    すももさん、こんにちは。
    でっかいニュースが嬉しくて、巾着袋さんのtwiやメディアの情報や新聞記事を買いに走ったりと1日中手につかず嬉しい悲鳴でした。
    玉木くん自身が漢であり、チャーミングな可愛らしさを持っている人ですし龍の要素を既にクリアしていますが、ドラマでいかに魅力的に魅せるかは絶対的な力量を持つ玉木宏です。
    玉木くんの演技のふり幅を見せつける!って意味ではこれこそが
    玉木宏の真骨頂ですもの!

    復讐に燃える男 竜一。
    足を洗った男が魅せるスカッとしたコミカルな龍。
    こんな凄い40才の始まりのドラマを観る日が来るなんて、ファンとして何と言っていいか・・只々ファン冥利に付きます。
    玉木くんに付いて来て(離れる訳もないけれど・・)本当に良かった。本当にありがとうです。

    2020年07月09日 09:10
  • すもも

    >ロシナンテさん
    ひそかにご訪問ありがとうございます(^^)
    公式やいろんなネット記事のコメント欄、あんまり見てません。
    まぁ、彼らの立場になってみれば、アンチの声を上げたくなる気持ちもわかります。自分が好きで応援している人が広告動画で演じていた役だから、実写ドラマ化になってもきっとその役を演じさせてもらえるのだろう…と考えてしまったんでしょうね。彼らにしてみれば、玉木くんがその人の役を奪ったように見えてしまうんでしょう。
    でも、この世界の厳しさについてはこのブログでも何度も何度も触れてきましたが、玉木くん自身がそういう厳しい世界に身を置いて、ひとつひとつの役を、お仕事を、実力で手にしてきたわけで。
    その方も、実力で、地上波ゴールデン枠のテレビドラマ主演の仕事を勝ち取ればいいわけです。そんな日が来るまで、誠実に一所懸命応援するのがファンにできる唯一のことであって、同業者の名前を挙げて理不尽な誹謗中傷めいた言葉を公式垢にリプしても、その方のためになることは一つもありませんよね。
    と言いつつ、私も昨日はさすがにイラっとするツイートを目にしてしまい、夜中にキレ散らかしておりました(汗)
    でも!今日はまた素晴らしいニュースがありましたね!それについてはまた別記事を立てます!
    2020年07月10日 16:59
  • すもも

    >トマトさん
    本当に一日中フワフワして、いろいろ予定していたことが全部翌日にずれ込んでしまった日でした!ぜんぶヒロシのせい。
    漢らしくてチャーミング…こんなに玉木くんにぴったりの役がほかにあるでしょうかー!ってくらい、ぴったりですよね。
    振り幅ヒロシの異名を存分に思い知らせる時が来ましたね!
    ゴールデンタイムのドラマにふさわしい華のある存在感とオーラで、うるさいキッズたちを黙らせてくれるでしょう。
    ドラマは明るく楽しく軽やかな作風になるでしょうから、玉木くんも演じるのが楽しくなるような現場になりそうですね。
    その前の『竜の道』はシリアスでヘビーな展開になるのは必至ですし、いつも全く正反対のものをやりたがる玉木くんにはこれまたピッタリ!そして今日はこれまたビッグニュースが!!
    後ほど別記事立てますね~!
    2020年07月10日 17:09