『きょうは会社休みます。』 第8話

第8話の反響、公式HPの掲示板を見てて思ったんだけど…

はるかちゃんのファン、花笑&田之倉のファンにとっては、あの妄想シーンや花笑ちゃんのちょっとオーバー気味の演技(変顔?)はたいそう不評のようですね。

あたしにとっては、妄想シーンや会社の人々のシーンがなかったら、けっこう見るのがキツイドラマだなーと思ってたので、なるほどーそうなのかーと驚きました。


公式BBSの感想だから、普通は番組への前向きな応援や称賛コメントしか載せないものですが、ここのBBSは批判的なコメントもけっこう載せるんですね。どれもがかなり的を射た内容だからかな。田之倉の心情表現が無さ過ぎて何を考えてるのかわからない、花笑と田之倉は大事なことを何も話さない…etc。


前回、大学生の分際でOLと同棲なんてふざけたことを言いだして、せっかくその考えは改めたのに、今回は最後にプロポーズですよ。学生結婚ですか。花笑ちゃんが妊娠でもしたなら別だけど、田之倉が何をどう考えてそうなったのか、ここまで来ると意図的に説明描写をしないでいるのかなと思いますな。田之倉くんは花笑ちゃんの妄想が作り出した人物とか?(笑)


今回は見ている時間にダンナが帰宅し、ご飯を食べさせながらの視聴でした。

田之倉母との会食のシーンで、花笑ちゃんが「私が養います!」って叫んだところでは「そうじゃねぇだろー」

そのあとの帰り道、田之倉が花笑ちゃんに「花笑さんが結婚のこと、そんなに考えてたって気付かなくてごめん」って言ったところでは「そりゃそうだろ~」と笑ってました。「男が学生で結婚なんて考えないよ!」と。

うん、それはわかる。「自分の結婚」を意識しないのは理解できる。でもあたしは田之倉の台詞にソッコーで「田之倉それはダメだわー!」と突っ込んでました。

学生が自分の結婚という意味で「考えてない」のは当然なの。でも、30歳のOLと付き合ってて、相手が結婚について考えてるとは思いもしなかったっていうのは、通用しないよ。だってありえないもん。

30歳で恋人がいる女だったら、100人いたら100人、1000人いたら1000人の女が、何らかのカタチで結婚を意識しますよ。

30歳の恋人ができた時点で、コイツ結婚したいとか考えるのかなってことを想定するべきだね。

まー、マンガにマジで突っ込んでもしょうがないんだけどね。


それにしてもこの2人、どんだけ眺めてても、なぜ付き合ってるのかさっぱりわからないんだよなー。花笑ちゃんは田之倉の何が好きなんだろう?田之倉は花笑ちゃんのどこがいいんだろう?全然伝わってこないよね。

大事なことはなにも話し合わない、お互い相手にとって心地いいことしか言わない。ドラマで映ってないところで侃々諤々の論争を繰り広げているのか??(んなわけない)

メインの2人の一番大事な「恋愛心情」はほとんど描かれてないよね。

我らが朝尾さんの心の動きのほうがよっぽどよくわかりますよ。



今回の朝尾さん切なかったねー!相変わらず登場時間はスズメの涙でしたが。

玉木くん、『結婚しない』の純平くんの時はこれでもかってくらいお花が似合ってましたけど、水槽もよく似合うのねー

暗い照明、水の幻想的な揺らめき…ボーリング場のシーンみたいな美しい憂い顔でした


蕎麦屋での打ち合わせシーン、なぜこんなところで?とも思ったけどまぁいいか。朝尾さん元外資系商社CEOだしランチミーティングなんですよ。

「こちらもできることは精一杯やってますから」って相手の方が言ってたけど、その時の朝尾さんの表情がー!!何かトラブル?なんて素敵な困り顔~こんな顔見せてくれるならもっと困らせてー!(←ヒドイ)


打ち合わせに余念がなく、花笑が店に入って来たことにも気付かない。朝尾さんに気付いてもらえない花笑が腹を立ててるの、面白いっちゃ面白いけど、ずいぶん勝手だな。年下学生との恋にうつつを抜かしてる30女と違って朝尾さんは忙しいんだよ


次のシーン、やはり何か行き詰ってるみたいな朝尾さんのところにやってくる瞳ちゃん、会社辞めてもいい、バイトでもいい、朝尾さんのそばで力になりたいという彼女に、

「じゃあ、借金の保証人になってくれるかな。俺いま、借金1億あるんだ」

と言い放つ朝尾さん。

思わず、「かっこいい~~」と言ってしまったあたし。

いやもちろん、ダンナと見てた時は言いませんよ。言わないどころかこのシーン、ダンナの前であまり集中してじっと見ちゃ悪いと思って、ろくに画面を見られなかったの。←いちおう遠慮してマス


もちろん、現実に借金1億背負った男なんて嫌ですよ。でも朝尾さんですから。なにより玉木朝尾ですから

借金1億ってことは(それがホントだとして)、1億借りられるだけの男ってことでしょ。担保があるとか信用があるとかってことでしょ。やーんやっぱりかっこいい~(但し玉木朝尾に限る)←コレ重要


ここで瞳ちゃんに借金1億って言ったのは、瞳ちゃんにちゃんと自分を諦めさせるためだよね。この子は自分への恋心が捨てられずに、会社まで辞めかねない。だからはっきりさせてあげようと。

大人だなぁ、男だなぁ。利用しようとしたりしませんよ、誠実な男ですから。

恋愛経験豊富なのと女癖が悪いのとは違うのね。


さすがに無理ですねという瞳ちゃんを見つめる目が、努めてクールにしようとしているようにも見えて、なんだか寂しそうでもあったな。でも瞳ちゃんの背中を見送る表情は、安心しているようにも見えました。



そのあとの課長さんとのシーン、すごく良かった。

こういう大人の男同士のシーンの玉木くんってすっごく素敵


「怖いと思ったことはありませんか?」

「怖いと思ったことは…正直ありません」

「やっぱりお強い人なんですね」

「ただ、かけがえのないものが欲しくなる時はありますね。絶対に揺るがない、気持ちのよりどころのようなものが」

「そうですか…朝尾さん、家族を作ってみたらどうですか?」

「私は、結婚にはもっとも向かない人間です」

「そういう人だから、必要なんじゃないですか?」


その言葉に、ふっと考え込む朝尾さん。課長の言葉に、目から鱗が落ちるような思いがしたんじゃないかな。なんかそんな表情だったよね。

挫折を味わい懸命に這い上がろうとしている男の、ふとした孤独を垣間見せるシーンでもあります。

ずっと一人で戦い続けてきた男。恋とか結婚とか、自分にはそれほど重要な意味を持たないと考えてきた男。

男にとって結婚とは何だろう?って、ちょっと考えさせるシーンでもあるよね。

吹越さん大好き~♪2人の声のトーン、会話の調子、とてもいいわ~。


課長が帰って一人になって、その言葉を反芻している朝尾さん。その時思い出すのは、花笑とソーセージ工房に行った日のこと。

朝尾さんから見たことないような柔らかい笑顔を引き出したのは、花笑の一所懸命な姿。車の中での会話。

花笑にきっぱり「友達じゃない。犬猿の仲」と言い切られても、それでも朝尾さんの心には、まだ花笑が棲んでいる…切ないなぁ。


こんだけ短い登場シーンで、よくぞこれだけ印象付けられるな。玉木くんの演技や存在感、朝尾さんのキャラ付け、どちらも秀逸だと思います。


次のシーンで花笑の携帯が鳴って、これってもしかして朝尾さん…?と淡い期待を抱いたけどやっぱり違ったおままごとカップルのおままごとプロポーズへの誘い電話でした。


まー原作もそうだから仕方ないんだけど、花笑の中にはこれっぽっちも朝尾さんの影が無いのが悲しいよね。2人の間に朝尾さんが入り込む隙間が全くない。ドラマは少しぐらいその隙間を開けてくれるのかなーと思ったけど、やっぱりそんなことはないのでした。


でも来週、花笑は田之倉のために身を引こうと、朝尾さんに恋人のフリをしてもらうんだかなんかそういう展開になるようです。うーん原作にそんな話はないんだけどな。

ってか、朝尾さんのあのエピソードはやっぱり入れないのか!!それはひどい!!

それだけが楽しみだったのになー…がっかりだよ~


朝尾さん、花笑から付き合ってるってことにしてくれって頼まれるらしいんだけど、どんな気持ちでしょう。花笑ちゃんヒドイよね。朝尾さんが自分に好意持ってること知ってて、よくそんな非情なこと頼めるよな。


まあ最初から当て馬だってわかりきってる役どころだからしょうがないんだけどね。

それに、切ない朝尾さんが見られるのは美味しいとも言えますし


朝尾さん、泣き崩れる花笑ちゃんを思わず抱きしめる…くらいの役得にはありつけるといいねぇ!














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 71

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • パープルポテト

    すももさん、こんばんは。
    朝尾さんは以前、田之倉くんに花笑さんのことを「遊びだったら早めにりりースしてあげてね」と言っていましたが、今回は朝尾さんが瞳さんをリリースしてあげたんだなぁと思いました(もともと朝尾さんが捕まえたわけじゃないけど)。しかも瞳さんが決断する、という形にしてあげる。これってやっぱり大人の男のやることですよね。
     課長とのシーンもじっくり見ました。課長を演じるのが吹越満さんなので勝手に『真夏のオリオン』の「艦長とご一緒できて光栄でした!」の場面を思い浮かべてしまうのですが、再共演していい場面を作ってくれてありがとう、吹越さん!
     掲示板見ていると脚本家さんは責められて大変。まあ原作のある場合、原作ファンからの批判は必ずあるでしょうけど。しかし田之倉くんの心情が描けていない、なんて批判を受けてじゃあ彼をじっくり描いて朝尾さんの出番がまた減ってしまうのなら悲しいですよ。あと2回で、朝尾さんに見せ場がありますように。
    2014年12月05日 18:08
  • すもも

    >パープルポテトさん
    朝尾さんと瞳ちゃんのやり取り、ますます朝尾さんが男を上げてますね!課長とのシーンも素敵で、こんなに短いシーンなのに朝尾さんの人間性は豊かに表現されています。
    この記事を書いてから公式の掲示板を見に行ったらさらに掲載が増えていて、批判コメントのオンパレードになっていてちょっと驚きました。結構大胆ですよね~、批判コメントなんて載せないのが普通なのに。
    おっしゃるように田之倉の心情描写を増やすために朝尾さんが削られたら本末転倒!(あたしたち的には)
    次回はきっと朝尾さんの出番ももう少し多い気がします。最終回はメインの2人ばっかりでしょうから、次回に期待をかけましょう!
    2014年12月05日 23:01
  • こんちゃん

    いろんな所で批判的なコメントを読んで、そりゃそうだろうとほくそ笑んでしまう、根性悪な私です。花笑さんはキライですが、ひとみちゃんは好きなので、自分で決めれるように振られてあげるなんてなんてカッコイイの!!借金はあるだろうけど、応えてあげれないのにこの子にこれ以上好きにさせちゃダメだって、ひとみちゃんらしく、あんな借金男って、皆に言えれるようにさ。カッコよすぎるよ。おバカな子にはわからないかもしれないけど、ひとみちゃんはわかってたと思う。だから、泣いてたんだよね。外見だけじゃない、かっこよくて、優しくて 甘やかさない厳しさもある、台詞にない台詞が本当にカッコイイ!!でも、ひとみちゃんにはかがみ君がいていいよな~。予告を読むと花笑はますます自己陶酔型最低女になるみたいだし、ま、初めからだけど。玉木くんの出番は10分足らずだけど、あまりに切ないので、そのくらいで十分かな。でも、これはこれで、最後まで、切なく、カッコイイ男に徹して欲しいです。今日神奈川新聞が届きました。朝尾さんやっぱり玉木くんと似てる所があるんだね!後、近くの皆さんは映画観るときは横浜に行っちゃう?(笑)
    あ~私もばったり出会ってみたいよ~!
    2014年12月05日 23:08
  • トマト

    すももさん、こんばんは。
    「借金が1億あるんだ。一緒に居ても君が望む様な生活は手に入らない」と瞳ちゃんに諦めがつくようにと言ったのは、朝尾さんが持ってる人間的誠実さのあらわれですよね。
    打算的じゃなくて「いいんです。それでも朝尾さんの傍で支えられる人になりたいんです。」と瞳ちゃんが言ってくれたらどうしたかな・・「さようなら」と言われた後のほっとした様な淋しい様なフッと息を吐いて小さく肩を落とし憂いを含んだ眼の色の表現が、次の立花課長との会話で「ただ、かけがえのないものが欲しくなる時がありますね。絶対に揺るがない気持ちの拠りどころの様のなものが・・」に繋がっていて、何時も攻めの姿勢で強気な朝尾さんの中にも求めていたのであろう切なさにジーンときました。
    立花課長との短いシーンで、深い心情芝居を魅せてくれる玉木くんは凄いなあと・・大好きな場面でした。 
    花笑さんは、恋に一歩づつ変化して行くはずなのにいつまでこじらせているのでしょうか?
    次回は、朝尾さんに酷い頼み事をするらしいね。こじらせ女子と云うより非常識ですよね。もっと夫婦善哉のような朝尾さんとのラブ絡みを希望しますが、そうは行かない物語なんですよね。 
    2014年12月05日 23:12
  • すもも

    >こんちゃんさん
    「ひとみちゃんらしく、あんな借金男って、皆に言えれるように」←あ~なるほどね~、そうだね~。私も瞳ちゃんはわかってたと思いました。朝尾さんの本気というか、自分には望みはないのだと本気でわからせたいのだということを。借金が本当でも嘘だとしても。
    花笑さんは、ドラマの初回からちっとも成長していないのが一番の問題だなと思います。むしろ後退して、挙動不審な人になってるような。30にもなって、親がいつまでも生きてるわけではないことを理解してないとか、甘えんぼさん過ぎですよね。次回で花笑さんから別れを切り出して、最終回でまた結ばれるんでしょう。「結婚できなくても彼が好き!」って。朝尾さん…もっといい人いるよね。
    あ~神奈川新聞!まだ残ってるかな?横浜にわざわざ映画観に行かなきゃ!
    2014年12月06日 02:51
  • すもも

    >トマトさん
    瞳ちゃんが「それでも支える」って言ったら、朝尾さんどうしてたかな…でもそう言わないくらい、瞳ちゃんは賢い女なんだと思います。朝尾さんが借金1億なんて話をすることで自分に諦めさせようとしてるってことが、ちゃんとわかる女なんだと。
    「何時も攻めの姿勢で強気な朝尾さんの中にも求めていたのであろう切なさ」←そうそう!あんな短いシーンで、この複雑な男心がよく伝わってきましたよね~。切ない演技の真骨頂でした。
    「こじらせ女子と云うより非常識」←ほんとそうです!はるかちゃん大好きなのに、この花笑さんはいつまでたっても魅力的なキャラクターにならないのが残念です。特に今回が酷かったなぁ。BBSでも誰か書いてましたが、自分のことしか考えてないんですよね。孤独だ孤独だって。朝尾さんにピシッと言ってもらいたいです!
    2014年12月06日 03:01
  • ゆう

    先日は伏字を使わず申し訳ございませんでした。
    花笑さんのことを悪く言いたくないのですが、今回のお蕎麦屋さんの件といい、本人はけなげで奥手な女子のつもりでいるようですが、どんなに我が侭を言っても許してくれる人間を狡猾に見抜いて使い分けているなあと思いました。
    来週は朝尾さんに恋人役を頼むんですか?
    酷すぎる‥‥ソーセージ工房で一見さん相手に夫婦役を演じたのとはまるで意味が違うじゃないですか。
    本気で田之倉くんと別れる気なら、はっきり将来が不安だと言うか、恋人芝居をするなら友達の旦那様にお願いしたほうがいいと思います。
    朝尾さんが可哀相というだけではなく、相手が朝尾さんだったら今までの経緯からいって田之倉くんも疑うでしょう。
    「え、もしかして僕の将来を思ってウソを吐いてるんだね?馬鹿だなあ、何があっても僕は君と一緒だよ」という展開を、絶対に期待していると思います。
    毒舌失礼致しました。
    でも、あんな人を好きな朝尾さんまで男を下げているようで悲しいです。
    切ないまなざしを見られるのは良いのですが‥‥。
    2014年12月06日 05:00
  • かおっち

    すももさんおはようございます(^^)
    8話の感想も楽しく読ませていただきました🎵
    BBSの話!私も思いました。辛口な意見が非常に多く、でもよく載せていてエライなぁ~と^_-☆ でも私の投稿はもっとゆるいのに3回ほどはじかれちゃってますが(笑)
    同棲せっかく辞めにしたのに結婚?
    30過ぎの女性が1000人いたら1000人何らかのカタチで結婚を意識する... 本当にその通りだと思います。 田之倉くんしっかり❗️(笑)
    瞳ちゃんのシーン良かったですね!朝尾さんのキッパリした態度、でも内に秘めた優しさ、素敵です✨
    課長もステキ!『家族を持った方が』のセリフに課長によく言ってくれた!と拍手を送りたかったです(笑)
    すももさんの言うとおり、このドラマは会社シーンや妄想シーンがないとつまらないですよね~!天下の玉木さんがあんな使われ方だし~(笑) だから2話くらいまでは面白かったと思うんだけどなぁ~。でも途中からバランスが崩れちゃった気がします。もはやラブコメからただのコメディーに。その中に突然シリアスな場面が放り込まれて、全然感情移入できません。コミカルな部分はスパイス的にちょこっと笑わせてくれて、後は田之倉くんの花笑に惹かれる気持ち。花笑の恋をして成長していく姿。朝尾さんみたいなタイプの人にもドキドキ♡してしまう意外な自分に動揺したりして...
    そんな話が良かったな。←勝手な願望ですみません(笑)

    あっ!秘境のお話!玉木さんが坂を下ってくるところ❗️そうですっ!そこ!(笑) すももさんと萌え💓ポイントがいっしょで嬉しいです(*^^*) ではではまた(^^)
    2014年12月06日 09:15
  • すもも

    >ゆうさん
    いえいえ、変なお願いしてゴメンナサイ
    うんうん、花笑さんというキャラクターの魅力が無さ過ぎて、なんで朝尾さんまでそれほど彼女にゾッコンなのか、いまいち説得力がないんですよね。会ったことない、珍しいタイプの女だから単に興味があるのかっていうくらい。コメディとして面白おかしく話を引っ張っていくことに気を取られ過ぎていて、肝心の人物像をきちんと描くことがおろそかになってしまった結果という気がします。役者さんたちはみんな頑張っているのにね。
    このドラマは脚本の上りが極端に遅かったそうなので、いろんな方面への調整とかで手間取ったのかもしれませんねー。
    朝尾さんがとってもかわいそうな回になりそうで、それはそれで美味しいともいえますが
    2014年12月08日 15:28
  • すもも

    >かおっちさん
    わたしの投稿もいくつかスルーされてます。ゆるかったりキツかったりですが
    そう、2話は面白かったんですよ!ただ、花笑がもう少し成長する話かと思っていたら、初回からずっと変わらない成長しない主人公…。女子力も磨かれていかないし、大好きな彼氏には何も本音は言えないし。妄想の中での田之倉氏は生き生きとしてるのに、リアルなシーンではマネキンみたいに面白味もない。メインの2人がこれでは、ドラマも盛り上がりようがないです。
    「朝尾さんみたいなタイプの人にもドキドキ♡してしまう意外な自分に動揺したりして...」←そうそう、せっかくドラマなんだからそれくらいの展開は期待してましたよ!原作ありだから話の筋を変えるわけにはいかないけど、それくらいの脚色はしてほしかったですー。

    秘境の萌えポイント、やはりでしたか♪ほんとにかっこいいですよね~!
    2014年12月08日 15:35

この記事へのトラックバック