祝♪地上波放送!!

録画してたけど、ダンナがちょっとむくれてたけど、やっぱり観てしまった・・・ 『のだめカンタービレ 最終楽章・前編』 観終わって、映画の中の2人はとっても複雑な状況だけど、あたしの心は幸せな満足感でいっぱい これを劇場で観られなかったことは、これからもきっと何度もあたしを後悔でさいなむことになるんだろうけど、いまはとりあえず…

続きを読む

『のだめカンタービレ 最終楽章・後編』 鑑賞メモ②

「音楽と共に生きていく覚悟 何があっても」 (オクレール先生)   後編は、のだめがこの「覚悟」を持つに至るまでの苦しみもがく姿を描き出す。 後編ののだめには笑顔が少ない。 泣く、焦る、ふてくされる、動揺する、嫉妬する・・・・・・ 観ているこっちまで、辛くなってくる。 一人で闘う。孤独と。落胆と。近づいたと思ったら離れていく、音楽と。 「イツマデ ヤレバ イイデスカ?」 …

続きを読む

『のだめカンタービレ 最終楽章・後編』 鑑賞メモ①

あ~~~、胸がいっぱい。2回目の鑑賞。 この後編は、音楽の道を進む若い芸術家の苦闘が真摯に描かれる。 テレビドラマのイメージのままに見ようとすると、ある意味とんでもない肩透かしを食らうかもしれない。いや、この前に前編を見てるわけだから、そんなことはないか。 でもふと思う。テレビでの二人と映画での二人。特に後編での。 制作者や演者が、どれほどこの作品や人物を大切に大切に育て、向き合って…

続きを読む

『のだめカンタービレ 最終楽章・前編』 鑑賞メモ

2回目の鑑賞を終えて。 考えをうまくまとめるのが難しいなぁ。箇条書きにしてみよう~ 前編は、落ちぶれかかったマルレ・オケと格闘しながらも、前へ先へと大きく羽ばたかんとする千秋と、そんな千秋に追いつきたくて焦り始めるのだめの姿を描いてる。 音楽家ってすごい、大変だなと思ったのは、セーヌ川沿いで二人で語る夜のシーンの千秋の台詞。 …

続きを読む

『のだめカンタービレ 最終楽章』 やっと鑑賞

いま時間がなくてどうしてもゆっくり記事を書けない。 でもたった今観終わった、今、この気持ちのままに残したい。だからちょっとだけ。 観てよかった。DVD購入決定。 音楽と格闘する若者の姿を描いてる、それだけであたしはエラく感動してしまう。 二人の苦闘の人生は続く。 でもそれは同時に、喜びとともにある人生でもある。 平凡ではない。苦悩と歓喜に満ちた人生。 なんて素晴らしいんだろ…

続きを読む