生きていてくれるだけでいい

先週の土曜日、あまりにも衝撃のニュースがありました。
あたしは彼の出演作品をほとんど見たことがないんですが、唯一見た作品が「サムライハイスクール」というドラマでした。と言っても全部じゃなくて、何回かなんとなく眺めていたという程度、当然主演の俳優のことも何も知らずに見ていたわけですが。
内容は、侍の青年が現代にタイムスリップしてしまい、高校に通うという話(たぶん)。
話はコメディで、周りの人たちとのギャップが面白かったんだけど、三浦君の侍の所作とか時代劇っぽい演技というか、若いのにこの子上手いなぁ~と思ったんですよね。凄くサマになっていたんです。きっとこの先大河ドラマとかいろいろ出てくるんだろうなぁと。
でもどうやらその作品の撮影中、彼はとても悩んでいたということを今回wikiで知りました。
俳優を辞めたいとまで思い詰めたと。まぁそれは10年以上前の話なんですが。

外から見ているだけでは、全く分からないものなんですね。
あたしたちからみれば、キラキラとした世界のセンターに立ち、次から次へと大きなお仕事にも恵まれ、ファンもたくさんいて、成功を手にした華やかな存在。
それって、まさに玉木くんもそうなんだけど。

Twitterより。
「三浦春馬さんの自殺に驚くくらい、華やかで幸せそうに見えてた僕らの勘違いが、一人の人間としての三浦さんの人生を窮屈にしていたのかもな、とも思った」
「世間が見ている光の部分と、自身の抱える陰の部分。なんとも華やかで、前途有望に見えていた三浦春馬さんの中にも、誰にも見せない深い陰があったということ。明るい一部分しか知らない私が言うことではないが、…」

これらのツイートを読んで、これは三浦君だけじゃなく、玉木くんにも当てはまるんだろうなぁとぼんやりと思う。
玉木くんは以前はずっと「悩みごとは誰にも言わない。一人で考え一人で結論を出す」って言ってましたよね。真面目だし責任感も強い。
唯一悩みごとを打ち明けていた愛犬ペグが死んでしまってからは、本当に心配してましたよねあたし達・・・。
だからこそ、玉木くんが結婚してくれたことはすごく嬉しく、少し安心しているんです。
まぁ結婚したからといって、悩み事を全てパートナーに話すかといったら、そうとは限らないけど…少なくとも今は、玉木くんの心を支えてくれる人がすぐそばに寄り添っていてくれる。

ひとりの人間としての当たり前の生活、日々を過ごすことを大切にしたいと玉木くんがいつもいつも言葉にするのは、自分自身にそう言い聞かせているというのもあるのかもしれない。
そうしなければ、自分の立っている場所や、自分自身の本来の願望、気持ちを見失ってしまうのかも。
玉木くんはもともと結婚願望強めだったけど、その意味でも「結婚という誰もが普通にする当たり前のこと」を玉木くんも普通にして、「普通に夫婦として外に出て過ごす」ことは、「華やかな世界」と言われる場所に身を置く玉木くんにとって、とても大事なことなんだと思う。
たくさんの賞賛、あるいは中傷、そのどちらも、自分自身の本質とはかけ離れているのだとしたら、自分をきちんとリアルな日常に引き止めてくれる存在は、きっとかけがえのないもの。
(ちなみに「」の言葉は、表現は多少違ってるかもだけど、玉木くん自身の言葉です)


三浦春馬君のことはよく存じ上げないんだけど、そんな私でもすごくショックを受けました。
ファンの人たちのことを思うと、その衝撃は計り知れない…想像もできません。
一所懸命応援してきた大好きな人がいない世界なんて。
受け入れるなんてできないでしょう。
昔レスリー・チャンが自死してしまった時のことを思い出したり…あの時もあたしは別の中国人俳優のファンとして、人ごととは思えない気持ちだったなぁと。

仕事関係のお仲間もたくさんいて、大手事務所だからたくさんの先輩も後輩もいて。きっと良きロールモデルとなる先輩もいたでしょう。
そして今は秋以降の連ドラの撮影中だったとのこと。主演は今回が連ドラ初主演、三浦くんは彼女を支える立場だったわけで、自分の選択が関係者にどれほどの衝撃や影響を与えるか・・・でも彼は選択してしまった。
真面目で責任感の強い優しい人だったそうです。そんな彼が、最悪の選択をしてしまうほど、追い詰められていたということなんでしょう。
残念でなりません。

演技が上手くて、歌も踊りもできて、見た目も良い、才能溢れる人だったと皆が口を揃えて評している。
そういう人は、実は大勢いるんですよねこの世界。
でもスポットライトの当たる舞台のセンターに立てる人は、ほんのひと握り。
三浦春馬くんは、その数少ないひと握りの俳優だったはずです。
そこに立ちたい人が大勢いて、誰もが立てるわけではない場所に立てる人。
なのになぜ、と思わずにはいられません。

でも、さっき紹介したツイートのように、もったいないとか、才能があるのにとか、そういう疑問や惜しむ気持ちも、彼にとっては余計な押し付けなのかもしれず、残された人たちはただ黙って立ちすくんで、この現実を受け止めるしかないのでしょう。
彼がいない現実に、心が慣れていくのをじっと待つしかないんでしょう。

かわいそうです。彼のファンも、仕事仲間も、友人も、家族も、もちろん三浦君ご本人も。
だから、黙って死んだりしないでほしかったなぁ。
彼が困って苦しんでいると知れば、彼を守りたい助けたいと思ってくれる人が、きっとたくさんいたはず。


「玉木くんは、ちゃんと守られているだろうか」と玉友さんからメールが来ました。
この世の苦痛から、災い全てから、玉木くんがこれから先も守られますように。
彼女の願いはあたしの願いです。
きっとみんなの願いだよね。
生きていて、幸せでいてくれますように。
そして時々、元気な姿を作品の中で見せてくれれば。
それだけでじゅうぶん幸せです。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 44

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • パープルポテト

    すももさん、私もビックリでした。たまたま土曜日は夕方までニュース等を見る時間が無かったので、知った時はエエエ!という感じでした。
    『功名が辻』では玉木くんと同じ場面には出ていなかったと思います。覚えているのはドラマの『私を離さないで』と映画『東京公園』。『東京公園』はカメラ好きの青年役だったので「あ~も少し若い頃の玉木くんにやってほしかった」等と勝手なことを思っていました。それも今は昔。
     ひとりの人がこういう結末を選ぶのには複雑に絡み合ったたくさんの理由があると思います。ただ、こういうことがあると、生きている人、生きていることについて、さまざまに思い巡らしてしまいます。
     どうぞ大切な人たちが、悩みがあっても踏ん張ったり無視したり笑い飛ばしたりして、生きてくれますように!
    2020年07月21日 08:42
  • トマト

    すももさん、こんにちは。
    三浦春馬さんのニュースは、ファンではないけれど、多くの作品も知っているし私の心をも大きく揺さぶるショックな出来事でした。
    春馬さんのファンの方たちには如何ほどの衝撃で今も受け入れられずに胸に突き刺さる想いを抱いておられることでしょう。
    お悔やみを申し上げます

    春馬さんの今までを振り返るVTRを見ていると真面目でストイックで作品に取り組む真摯な態度とか周りの人を気遣う心配りとか・・
    独りで問題解決する様なところとか・・
    玉木くんとすっごく似ているなぁと思う事が多い事も知りました。

    一時期玉木くんも生き急いでいるのでは?と勝手な心配をした時もありました。
    SNSが当たり前に広がっている現代ですが、玉木くんはブログとかtwitterには手を広げない。
    業界の人だけでは無く一般の人との気軽な交流の中で気持ちの上で上手くバランスを取っているところ。
    一つの作品が終わると「ハイ次!」と切り替える強い気持ちがあったからと思ったり・・
    でも、内面を支えてくれる最高の伴侶に巡り逢えて助かった部分も大きい事だったと思っています。
    >舞台のセンターに立てる人はほんの一握りとすももさん・・
    そうですよね、素晴らしい場面に身を置ける責任感は私たちには分かるはずもない程ハンパなく大変なことなんだと!

    生きていて健やかな日常の中で私たちに作品を魅せてくれるのが、
    ファンにはどれだけ幸せを運んで生きる力になっているのかを改めて確認した出来事でした。
    2020年07月21日 09:33
  • すもも

    >パープルポテトさん
    NHKのJUJUさんとやってる番組を見た時、これ玉木くんでやってほしい〜と思いました。なんとなくこの2人、外見の傾向が似てますよね、美しいけど骨格は男っぽくて。
    彼について語られる言葉がたくさん流れてくるけど、そのどれもが優しくて真面目でストイックで…これまた玉木くんを思い起こさずにはいられなくて。
    先日発行された「Numero Tokyo」の記事がネットにも公開されて、改めて読んでいたら、20代、30代の頃のこと、これから迎える40代へ向けての期待や覚悟が語られていて、そういえば玉木くんも30歳になる前が一番辛かったのかなと。三浦くんにもなんとか切り抜けて欲しかったです。
    2020年07月22日 00:14
  • すもも

    >トマトさん
    俳優という職業につく人は、あるいはその道で成功している人は、だいたいみんなストイックなんでしょうね。でもやはり、三浦くんと玉木くん、ちょっと似ているように思えます。でも多分、三浦くんの方がだいぶ繊細な方なのかも…人の前に立つ仕事で、華やかに見えても泥臭く努力して自分を磨く時間の方がきっとずっと長く多い仕事で 、傷つくこともたくさんあったでしょう。その傷とどう付き合っていくか、その人なりのやり方がそれぞれあるんでしょうね。
    玉木くんはインスタでもプライベートの部分はほとんど見せないし、もっと他の人のように見せて欲しいと思うこともあるけど、きっと今の状態が玉木くんにとって一番ベストなんでしょうね。SNSに煩わされるのはもったいない。
    役に没頭していても きっちりと切り替えをして、自分を見失わない。仕事と趣味や楽しみのバランスを取りながら、これからも玉木くん自身が一番いいと思うやり方で、なるべく長くなるべくたくさん、作品を見せてもらえたら幸せですね。
    2020年07月22日 00:46
  • kiki

    すももさん、こんにちは^ ^
    ご無沙汰しています…コロナでこんなことになっているとは思ってもいなかったスパイラルの頃以来かも…です。

    三浦さん、痛ましいことになってしまいましたね。
    そうか、30前…玉木さんの30前といえば、鹿男で激痩せして以来、本当にこの人は大丈夫だろうかと観ていて不安だったのを思い出しました。
    抱え込んじゃう真面目な方でいらしたのでしょうね…コロナで孤独や不安が募っていたかもしれませんし…いろいろ重なってしまったのだったら、と思うと、三浦さんは芸能人だからセンセーショナルに報道されたけれど、
    彼のように孤独に死を選んだか選ぼうとしている人々は多くいる状況、タイミングなのかもしれないとも感じられて、なんとも言葉もありません。

    そんな中、玉木さんがコワモテな主役さんを連続&大河も!と(すみません、大河の件は今すももさんの記事で知ったという^ ^;)
    竜一に龍ですか。いやほんとに復讐後に引退あそばして晴れて主夫(違)に♡というかんじで、どーいう民放連携〜!
    主夫役は、なんか、ジャニーズ枠になりそうな企画ですけれど、玉木さんで観られるとは、風向きが変わったのか、スキャンダルなどのリスクが低そうなクリーンさがスポンサー受けしているのか、ファンとしてはうれしいとしか。
    withコロナな環境下での撮影が当分続くということでもありますし、難しい現場ともなりそうですけれど、
    玉木さんって逆境に強そうだし、コロナにも感染しそうにないですよね、きっと大丈夫だと思います☆

    ところで、premium webの会員サイトの方では玉木さんの投稿ってここ何か月かありました?
    Instagramが桜以降ご無沙汰で、なんか寂しい今日この頃だったのですけれど。
    来週を楽しみに…
    2020年07月24日 14:15
  • すもも

    >kikiさん
    ごぶさたしてます、スパイラルの頃以来ですか!ちょうど一年前ですね(^^)
    三浦春馬さんのことは、あれこれ詮索するのも忍びないし、彼がそう選択してしまったことの要因もきっとひとつではないだろうし…本当の気持ちなんてきっと誰にもわからないでしょう。
    でも、彼は結婚願望もおありだったとのこと、もし結婚していたら、家族がいたら、奥さんがいたら、違う選択をしていたかもしれない、という意見もありました。孤独や不安は個人的な苦しみを助長してしまいますから…。やるせない気持ちになります。

    久々の大河ドラマ出演、嬉しいですね!大河はこのところ出演者が起こすトラブルに振り回されているので、キャスティングは慎重の上にも慎重に行われているんでしょうね。NHKの信頼厚い玉木くんですからそこは太鼓判です!

    プレミアムウェブの方は、ドラマのメイキング動画などが上がってます!玉木くんインスタ投稿そろそろしてほしいですねー。

    2020年07月26日 02:14