『ジュラシックワールド』 鑑賞メモ

大ヒット驀進中!みな玉もうご覧になりましたか~?

あたしは2Dで2回、3Dで1回観ました。話題の4DXもぜひ体験したいと思ってますが、なかなか行ける場所と時間が…9月に入ってからなるべく早く行ってみようと思ってます!(←すみません、この記事8月中から書いてたもので


ちなみに、もともと3D上映がちょいニガテなんですが、やっぱり基本的に実写映画はあまり3Dの意味はないなぁと感じました。2Dでじゅうぶん大迫力でしたよ。

(『マダガスカル3』はアニメーションですからだんぜん3Dが良かったですけどね)


作品は大迫力の連続でとにかく楽しかった!まさにアトラクション・ムービー!第一作を観たときの興奮が蘇るような気がしました。素直にワクワクしっぱなしでした。

あたしは第一作しか見てなかったんだけど、その『ジュラシック・パーク』でただもう恐怖の対象でしかなかったヴェロキラプトルが、今作ではもう可愛くて可愛くて…

このラプトル4姉妹が、オーウェンに従うんですよ。でも犬みたいに従ってるわけじゃないところがリアルで良かったですね~。ちょっと隙を見せれば、いつでも本能の方が勝ってくるような、すっごく緊張感のある関係。

元軍人のオーウェンが彼女たちにブルー、チャーリー、エコー、デルタと名前を付けて「待て」って言うんですよ!玉木くんの声で


そう、なんといっても玉木宏の吹き替えブラボーこれに尽きます


そもそも、何度も言ってますが、あたしは洋画は絶対字幕で観るんです。そして、玉木くんの吹替えでなかったら、この作品自体絶対に観に行ってなかったです。

玉木くんが吹き替え参加してくれたからこそ、3回も観に行ったし、これからまだもうちょっと観に行きたいとさえ思ってます。大枚払って4DXだって行きますとも!

そんじょそこらの洋画ファン、ジュラシックシリーズファンよりずっと熱心に、この作品のために映画館に通ってますわ~ と、ほぼ40年来の筋金入りの洋画ファンであるあたしが言ってます

なんでこんなこと鼻息荒くして力説してるかというと、「俳優のファンが、吹替えしてるからって映画館まで見に行くわけがない」なんつーつぶやきをみたことがあるもんですから。まったく、玉木ファンをナメないでもらいたい


玉木くんの吹き替え、素敵でしたね~~確実に、オーウェンの男前度がアップしてます。


正直言うと初見の時は、確かにオーウェンを演じるクリス・プラットと玉木くんの声がなんとなく合ってないような気がしてました。

でもそれはあたしが玉木くんが好きで、オーウェンを見ながら確実に玉木くんに思いを馳せていたからであって、一般の、それも特に玉木ファンでもなんでもない人が「玉木宏の顔がチラつく」と言っているのには、こっちこそものすごい違和感を感じます…あなたたち、そう言いたいだけでしょって。それともそんなに、実は玉木宏のことが好きなんでしょうと。


回を重ねるほどに、むしろこのオーウェンは玉木宏演じる声でないとおかしいと思うようになってきましたよ。クリス・プラットの生声での演技や、前作のおちゃらけキャラの声(山ちゃん)は知らないけど、このオーウェン役には玉木くんの落ち着いた男前な声が合ってたんじゃないかしら。


玉木くんが吹き替えを演じることで、オーウェンは逞しく、より思慮深い男で、見た目ほど単細胞でもないんだよと印象付けていたと思います。まぁ、彼の人となりをうかがわせるエピソードと言えば「クレアとの初めてのデートの時に海パンで現れた」くらいしかないんだけどね…ってか、映画見ながら思ってたんだけど、それってどういう状況??海パン➕アロハシャツみたいな格好?まぁ待ち合わせの場所にもよるよね。オーウェンも言ってたけど「ここは中米だ」って。だからオーウェンが特別ガサツな脳ミソ筋肉男ってわけじゃないんですよきっと…σ(^_^;)


もっと乱暴な声というか、野太いガサツ系の声でもいいだろうし、その方が前作からのクリス・プラットファンにとっては座りが良かったんでしょうね。

でも制作側の狙いとしてはそうじゃなかったからこそ、玉木くんにオファーが来たんだろうと思います。このオーウェンはもっと頭のいい男で、冷静で、かつ頼りになる逞しい大人の男。劇中2人の少年が出てくるけど、彼らとの対比というのもあったんじゃないかな。あの少年たちに「憧れられる存在」でしたからね。


「これだけ大ヒット確実の作品なんだから、話題性重視の俳優起用しなくても」という意見をツイで見たけど、それは申し訳ないけどお子様の考えだなーと思います。おそらく今年最大のヒット作となることを期待される超大作だからこそ、確実な宣伝企画が必要だったでしょう。口コミで拡がればいい、というタイプの作品じゃないんだし。


「ミッションインポシブル」と違って、国内では一般的にほぼ無名の俳優が主演であり、キャストに専業声優しかいないのでは、テレビは絶対に扱ってくれなかったでしょう。彼がこのあと、本当にインディジョーンズの新作に主演して成功すれば、その時こそ日本でもスター俳優として認知されるかもしれないけど。

「来日」や「出演」だけでテレビニュースになるハリウッド俳優は、日本ではトム・クルーズとジョニー・デップとジョージ・クルーニーくらいでは?

専業声優の吹き替え参加はいわば日常業務ですから、一般社会にとって特段のニュース価値はないと言わざるを得ない。声優ファンというニッチな世界でしか話題になりません。


こういった宣伝手法の是非をここで問う気はないんです。あたしはそもそも、洋画は字幕で(役者の生声で)鑑賞すべきという立場なのは変わりませんから。吹き替えが誰かなんて気にしながら洋画を観ること自体、あたしにとって本当はナンセンスなことなんです。



ま、いいや。

とにかく、合ってるか合ってないかというのは、聞く人それぞれの主観によるものだから、そこをどうこう言ってもしょーがない。

合ってるはずない、声優じゃないからうまくやれるはずがない、棒だ、棒に決まってると思い込んで、そう聞きたくて聞く人もいるでしょうし。そういう人の耳を掴んで「ちゃんと聞け!」ってやるわけにはいきませんからね~。(やりたいけど)


少なくとも、玉木オーウェンに技術的な問題は全くなかった、ということは断言できます!

俳優か声優かが大事なんじゃなくて、ちゃんと吹き替えの演技ができてるかどうかが大事なんですから。


その意味で、木村佳乃さんも松岡茉優さんも、俳優の吹替えの雰囲気がありつつも、ちゃんと吹き替え演技してたんじゃないでしょうか。とくに松岡茉優さん、少年の吹替えってプロがやってもあんな感じですよね。アニメの少年みたいなやりすぎ・演技過剰な吹き替えはいらないし。吹き替えは初めてとのことだったけど、やっぱり彼女は勘がいいんだなと思いました。


木村佳乃さんも、初めのうちはちょっと『デスパレートな妻たち』のスーザン風味があるな~と思ったけど(わかる人だけわかればいいです)、しまいに気にならなくなったしね。頭がキレて仕事ができるけど、ちょっと融通が利かない大人の女って雰囲気が良く出てたと思います。

あたしはまだ吹き替えしか見てないんだけど、字幕版も見た方の感想によると、玉木くんも木村さんも、もとの俳優の演技にすごく合わせて演じていたそうですよ。さすがですね~

吹き替えについてはこれくらいで。また何か思いついたら書きます。



えっと、作品の方は、冒頭にも書いたけどラプトル4姉妹がいい!暴走したヤツを追撃しに森の中をオーウェンとラプトル4姉妹で疾走するシーンはとにかくかっこいい!映画を観た帰りに自転車に乗ってたら、後ろからトラックか何かがブウーッと近づいてきて、気分はもう恐竜に追われるオーウェンみたいになってましたもちろんラプちゃんたちを引き連れてる妄想つき♪


それと、傷ついた恐竜をオーウェンが見つけて、優しくなだめるシーン…「もう頑張らなくていいんだ」なんて、あの声で言われたら、むしろその瞬間パワーマックスになって息吹き返しちゃいます!

3回目の鑑賞の時は、もうね、目をつぶって聞いてましたよこのシーン完全にあたしがヒロシに言われてるつもり


檻の上からオーウェンがラプちゃんたちに餌付けをするシーン、長女のブルーは最後にやるんだよね。あれは、ブルーはラプトル4姉妹のリーダーだけど、あくまでもオーウェンの下だということを常に教え込むためなんですよね。

映画見ていて、ああいうのをRA★MGでやったら楽しいな~とか、無理な妄想しちゃいました

檻の中にあたしたちが入って、檻の上から玉木くんが「待て!待てだ。そうだ、いい子だ」とか言いながら、あたしたちを餌付けするんです…バカですか?ええそうですバカです!ラプちゃん&オーウェンごっこしたい~~


一番やりたいのはね、やっぱり「頑張らなくていいんだごっこ」ね。

ねそべったあたしたちを、玉木くんが一人ずつ(一匹ずつ?)「いい子だ…もう頑張らなくていいんだよ」ってナデナデむきゃーーー

どんな遊びだ…



あ~、作品について、思った通りの展開だとかストーリーがありきたりだとか言う人もほんの少しいるみたいだけど、何を勘違いしてるんだか。こういう映画に意表を突く展開とかオチとか、まったくいらないんですよ。最後にカイザーソゼが出てきたら台無しなんだよ!

この作品にみんなが求めてるもの、それは王道ストーリー。王道展開。

観る人を最大限に楽しませながら、狙い通りにやってくれました。

あたしはどっちかというとひねくれ者のマイノリティですが、この作品は真正面から楽しませてくれました。ほんっとに面白かった文句なし



感想がずいぶん遅くなっちゃって、いまさら感でいっぱいなんですが、今日から息子もダンナも通常営業に戻ったということで、やっと。



そうこうしてたら、『あさが来た』公式サイトの新次郎さんインタビューがアップされてましたきゃーきゃー


新次郎・玉木宏インタビュー



あさノートも更新! 妻×夫のあさトーク



もうね…素敵すぎて言葉を失いましたあたし。何も言葉が出てこない・・・

すっごく、深い深い役へのアプローチをして、理解をして、役作りをしているんだろうな…ということが窺い知れて、なんだかもう胸がいっぱいになりました。

やばいね、これだけ別の記事を立てればよかったかな




(コメントくださる方へお願い)

今回の映画感想は、極力ネタバレなしで書いています。あたしの大切な玉友さんで、現在療養中でまだ映画未見の方がいらっしゃるので、「あそこで出てくるヤツ」とか「最後にあのコがこんなにかわいい」とかのネタは固有名詞を伏せていただけたらなと。何卒よろしくおねがいします








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 65

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • パープルポテト

    すももさん、こんばんは。
    私も普段なら絶対字幕派ですし、たぶんこういう映画は見ない派。なのですが、楽しみました(2Dで2回ですが)。
     ヒットしてから思ったのは、こういう王道ストーリーの、きゃあきゃあワクワクできる、ちゃんとヒーローのいる映画を楽しみたい人が多かったのだろうな、ということ。どこかに書いてあったのですが、オーウェンは「涙が出るほどかっこいい」ヒーローでしたね。セリフのひとつひとつもカッコイイ。それこそが、玉木くん起用の理由かな、と思ってもいます。玉木くんは照れたりひねったりせず、堂々とかっこいい役を演じることのできる人だから。続編も作られるようで、またクリスも出るので楽しみです(だってほら、昔『スピード』の時は『スピード2』にはキアヌは出なかったから、続編ができて出なかったら嫌だなと思って)。
     玉木くんにやってほしいのは「頑張らなくていいんだごっこ」!すももさん、素晴らしい。賛成です。次のRA★MGの優勝チームにはやってもらえる、とかどうですか、ハトランさん……
    2015年09月07日 18:31
  • かしゃん

    こんにちわ、
    すももさんの鼻息が聞こえる。私の言いたいことすべて書いてくれてうれしいかぎりです。書いていられること、すべてOK、オウエンの性格もそのとうりだと、
    とりあえず、ありがとうと言わせてください。
    2015年09月07日 19:55
  • トマト

    すももさん、こんばんは。
    映画3Dで2回、2Dで3回観ました。 私は2Dの方が画面に集中できて、玉木くんの声が心地よくオーゥエンを、より魅力たっぷりに声を充てていてじっくり堪能出来て楽しむことが出来ました。

    色々と言う人はどこにでも居ますし、全ての人が拍手喝采なんて事はない訳でして・・・
    そんなことは玉木くんの中では織り込み済みなんでしょう。今、自分が出来る精一杯のことを誠実に仕上げる事に没頭していただけでしょう。
    >玉木オーゥエンに技術的な問題は全くなかったことは断言できます!
    全くその通りです!!
    素晴らしい映像と素晴らしい吹き替えの玉木宏でした。

    「あさが来た」の玉インタとあさノートなんて素敵なお顔とお姿がいっぱ~い。
    もうこのワクワク感!たまりませんね。 光沢紙に印刷して保存版です。何度も何度も読み返して楽しんでいます。
    いよいよあと3週間です!うきゃうきゃした高揚感で待ってるこの時間も最高に至福の時
    2015年09月07日 20:27
  • 月の下

    こんばんは、すももさん。
    ジュラシックワールド、私も4回観ました。
    全部3Dで、2Dで観たいのですが近くですとなかなか時間が合わなくて。
    玉木さんが登場された舞台挨拶にも行けました。
    もう、ドキがムネムネです。
    すみません、調子に乗りました。。。。

    私は恐竜が好きで、玉木さんが吹き替えをしていなくてもおそらく観に行ってたと思いますが、こんなに何度も行ってなかったことでしょう。
    観終わった時には、玉愛で一杯になるんですが、またすぐ観たくなり次はいつ行こうかなぁ、とスケジュールをみてしまいます。
    ラプトルとの心のつながりがいいですよね。今まであんなに恐かったラプトルが、こんなに愛しくなるなんて。
    ラプトルが疾走するシーンは大好きです。
    態勢を低くして走っているところなどはワクワクしてしまいます。
    玉木さんがオーウェンの声をしてくださったから、魅力が増したことは確かです。
    声優押しの人達は頑なですね。玉木さんの素晴らしい声を堪能できないのですから。素直になればいいのに。
    まぁ、好きずきですけどね。

    あさが来た、もう幸せすぎます。早く、早く、始まって!
    待ちきれないです。新次郎さんに恋焦がれたらどうしましょう。新次郎さんの話しているところも、お三味線を弾かれているところも、早く見せて欲しい。
    土スタでは新次郎さんの声が聞こえなかったので、え~っ、なんで~!ってプリプリ。
    NHKさんは焦らせるのが好きですねぇ。
    それでもいい子で待ちますから、玉木さんに褒めて欲しいですね。「いい子だ」うふっ💕
    2015年09月07日 20:56
  • かおっち

    すももさん、おはようございます(^^)
    ジュラシックワールド語り、待ってました~*\(^o^)/* 楽しく読ませていただきました~^_-☆
    ホント、玉木オーウェンすごく良かったですよね~! 私もクリプラさん演じるオーウェンをより素敵にダンディーに見せるために玉木さんのセクシーボイスが選ばれたんだと思います!
    効果抜群でしたもんね♡ すももさんの仰る通り、玉木さんの声だと、オーウェンが、逞しくより思慮深い男に見えました✨
    クリプラさんがホントにカッコ良く見えて、なんなら最後の方はちょっと好きになっちゃいました💓(*^^*)←玉木さんの声限定ですが…(笑)

    『頑張らなくていいんだごっこ』私も大賛成です~~(≧∇≦)あぁ~撫で撫でしてもらいたい(//∇//)

    私も3D3回と2D1回観に行きましたが、1回くらいは字幕でと思っても、どうしても玉木さんの声に惹かれて吹き替えを観てしまいます(*^^*)
    私も、この手の映画は苦手だったので、めっちゃ吹き替え俳優さん目当てですっ*\(^o^)/* (きっぱり❗️笑)
    でもそうやって観に行ってみたら意外と面白くてジュラシックファンになりつつあります^_-☆
    なので、玉木さんは、観客動員数だけでなく、映画そのもののファンも増やしてくれる、最高の俳優さんですよね✨👏

    声だけでもこんなに話題になり、こんなに大勢の人達を魅了するなんて、やっぱり我らが玉木さんはすごいですね~💕

    そして、朝ドラ! 土スタを偶然観て録画をしたので、何回も何回もリピしまくってトロけてます!しかも、あのインタビュー!内容も素敵ですが、写真がもう♡
    楽しみすぎです(≧∇≦)


    2015年09月08日 11:02
  • すもも

    >パープルポテトさん
    独身&会社員だったころに比べて自分の自由になる時間とお金が少なくなってから、わざわざ映画館で観る作品は厳選せざるを得ません…この手の王道の「ザ・ハリウッド映画」な作品を映画館で観るのは本当に久しぶりでしたが、やはり楽しいもんですよね。大画面大音響の映画館ならではの満足感が凄かったです。
    「玉木くんは堂々とかっこいい役を演じられる人」に全力で同意です!あからさまに玉木くんの声に対する妬みと取れるツイートを見かけましたが、本当に姿が見えなくても男前だとわかる声、そして演技。その説得力たるや、誰も異論ははさめまい!
    「頑張らなくていいんだごっこ」はぜひRA★MGの優勝特典でお願いしましょう♪
    2015年09月08日 23:20
  • すもも

    >かしゃんさん
    私の鼻息、海を越えましたか
    映画の中で、オーウェンの人物像はあまり深く描きこまれませんでしたよね。ありきたりな吹き替えキャスティングだと、その辺がさらにぼやけたんじゃないかと思います。続編ではもっと個人的なエピソードとかが伝わるセリフを、ぜひまた玉木君の声で味わいたいです!
    2015年09月09日 12:53
  • すもも

    >トマトさん
    私も2Dの方がやっぱり好きです。慣れないコンタクトをして掛ける3Dメガネも、メガネon3Dメガネもどちらも疲れます…
    「全ての人が拍手喝采なんてことはない」←まさにそうですよね。玉木君がプロとして、プロの仕事をしたということに変わりはありませんし、言いたい人はどんなにいい仕事をしたって何か言うんですよね…自分の知識や地位や優位性をアピールするために。結果として、多くの人が玉木君の声優としての仕事を評価してくれたので、良かったと思います。
    『あさが来た』の公式サイト、私も印刷しよう!保存しておかなくっちゃそうそう、うきゃうきゃした高揚感
    2015年09月09日 13:02
  • すもも

    >月の下さん
    そうそう、時間が合わないとなかなか見たいものが見られないんですよね。私はまだ4DXに行ってないんですが、やはり時間が合わなくて夜は出かけられないしなぁ~
    子供のころ、学研の「~のひみつ」シリーズで大好きだったのが「星座のひみつ」と「恐竜のひみつ」でした。だから第一弾の『ジュラシック・パーク』を見た時の衝撃と喜びは、スゴかったなぁ。今回も、あの兄弟がホテルに到着して部屋の窓を開けて、目の前にジュラシックワールドの全景が広がった瞬間は、ああ私もここに行きたいと心底ワクワクしました!
    「恐竜が目の前に生きて動いたらどんなふうなのか」をリアルに実現させてくれたスピルバーグには、驚嘆と感謝しかないです。その世界で、私たちの「別な部分」もワクワクさせてくれた玉木君の吹き替え出演は、ホント幸せでしたよね~好みは人それぞれだけど、あの美声を好きになれないなんて、なんつーか、人生すっごい損してると思っちゃう←大きなお世話
    明日のプレマップで、きっと初めて新次郎さんの「声 」がお披露目になりますよね!明日は気になって仕事が手につかないだろうなぁ!
    2015年09月09日 13:29
  • すもも

    >かおっちさん
    よく見かけた「顔と声が合ってない」のつぶやきは、まあそうなんだけど、あんまり言うとクリプラに悪いなぁと思っちゃって…だって「声がこんなかっこいいのに、オマエの顔には合ってないよ!」っていう意味でしょ?皆さん失礼ですよねー。
    玉木くんの声のおかげで、確実に3~5割増しでクリプラ氏がかっこよく見えました。それにしても、世の皆さんの反応で、玉木くんの声が本当に個性的で、かつ美声なんだということを再認識させられました♪
    朝ドラ、いよいよ放映開始まで20日を切りましたね!長かったようであっという間…早く早く見たい見たい見たいー!!
    2015年09月09日 13:36
  • ぱれっと

    すももさん、こんばんは。すももさんの語りに共感しながら楽しく読ませていただきました。すももさんもみな玉もけっこう何回も観に行かれてますね!いいなぁ、私はまだ3Dを一度観ただけです。言い訳、ではないですが、私が住んでる市には映画館がありません。家から一番近い映画館でも車でも電車でもちょっと遠くて、午前中に出掛けて、まずお昼を食べてから映画を観て、そのあとまっすぐ帰宅しても夕方5時くらいでしょうか。その時間を割いても本当はもっと観に行きたいのですが、いろいろと諸事情あり、なかなか行けないのが現状でして。玉木くんの吹き替え、完璧ですね。何の違和感もなく映画を楽しめました。声の演技もバッチリ、オーウェン役によく合っていたと思います。私は外国の俳優さんには疎くて、ジャッキーチェン以外は顔の区別がつかないくらいなのですが(^^; オーウェン役のクリス・プラットさん、カッコいいじゃないですかぁ。あの顔で声が玉木くんだから、あたしはもう恐竜そっちのけでオーウェンに釘付けでした。最後の方にはもうオーウェンが玉木くんに見えて来たりして(^w^) 今更ですがやっぱりアメリカって凄い映画を作りますね。恐竜がタイムスリップして来てもしこの映画を観たらどう思うでしょうね?ま、その前に映画館ごと潰されて終わりでしょうけど…。(;゜∇゜)ところで、パンフに書いてありましたが、クリス・プラットさんも玉木くんと同じ「13歳の時にシリーズの1作目を観て衝撃を受けた」そうですね!同い年なんですねぇ。海の向こうとこっちで同じ頃に同じ映画を観てた少年二人が22年後にまたその映画の新シリーズで出会うことになるなんて、玉木くんがこの吹き替え役に導かれた運命みたいなものを感じてしまいました。この間のキャスト来日会見、クリプラさんも来日して玉木くんとご対面できればよかったですね…。
    2015年09月10日 00:29
  • ぱれっと

    度々すみません。書ききれなかったのでもう少しお邪魔します。この映画を観たのをきっかけに、2004年の「タイムライン」、2005年の「マダガスカル」(Part1)を観てみました。(実はコレまだ見てなかったんです‼)この頃の玉木くんの吹き替え、どんな感じだったのかな?と思いまして。まだ24~25歳、「のだめ」の前ですね。でもこの頃既に声優のお仕事もしっかり完璧にこなされていたんだとわかり、本当に感動してしまいました。玉木くん本人はまだ手探り状態だったようですが、どちらもスッゴく上手でした。特にアレックスの方は動物の声だから難しかったと思いますが、いろんな声を使い分けてて、それが本当おもしろい。作品を一つ、また一つ観ていくとそこにまた新しい玉木宏に出会うことができる。玉木宏の魅力は無限大ですね。声優のお仕事もまだまだこれからも期待したいです。そして今は何といっても「新次郎さん」というまた今までにない役をどんな風に演じるのか、最後までしっかり見届けたいと思います。それから、すももさん、「もう頑張らなくていいんだよ」ごっこ、私も賛成~(^^) ただ、ぜひもう一言付け加えさせてください。「タイムライン」のクリスの台詞で確か「もういいんだ、こっちへおいで…」っていう台詞があるんです。この台詞の玉木くんの声がたまりません(//∇//)なので~、「もう頑張らなくていいんだよ、こっちへおいで」ごっこにしてくださ~い(^^)…って、どんなごっこじゃ‼( ̄▽ ̄;) し、失礼しました~(^^)/
    2015年09月10日 01:09
  • たーぼー

    こんばんは!すももさん。ジュラシック語り、ありがとうございますm(_ _)m
    私は初日に3Dで一回見たきりで、中々二回目にたどり着けていません(ToT)。で、感想はと言うとすごく変な感じ。だって玉ちゃんのセクシーボイスが聞こえるのに、目の前にはゴツめおにーさんが(゚O゚) 苦手なタイプだあ~。玉ちゃんの指は長くて綺麗なのに~とか。始めはホントに集中できずに参りました。でも、だんだん違和感が薄れて最後には面白かった♥ 元々、俳優さんも知らないし(興味が無い)、わざわざ映画館で洋画を見る習慣の無い私を引っ張り出すなんて、玉ボイスは罪つくりですよ。思った以上に映画も楽しめたし、声はエロいしクセになる。もう一回は行きたいな。
     色々いちゃもんつける輩もいるけど、単なる嫉妬ですね。ゴメンネ、ウチの宏カッコよすぎて(ゝ。∂)例の件の時、デ○ノート落っこちてないかとマジに思いましたよ(笑)。怒りで心が震えて。でも、新次郎さんの話題が続々と表に出るようになって、あの怒りはなんだったのかと。毎日、公式を覗いてはヘラヘラしてます。これで、喋る新次郎さんを見たらヤバイですよ。使い物にならない人続出!あ~楽しみ(^O^)   あっ、私ね、G全然平気なんですが、玉ちゃんに悪戯されたら、思い切り高い声で悲鳴をあげて玉ちゃんに抱きついちゃう♡
    2015年09月10日 02:03
  • かおっち

    これ見てムービー来ましたねーっ!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
    玉木さん、す、す、素敵~っ✨ 素敵すぎる~💓
    上品で、しっとりとした優しい笑顔(*^^*) なんだか風格も感じられて、惚れ惚れしてしまいました~♡(≧∇≦)
    Gの話もありの、楽しそうな会見でしたね~!
    またこの会見の話はすももさんが改めて語ってくださる?かな^_-☆ 楽しみにしています(^^)
    とりあえず、興奮した気持ちがおさまらないので、お邪魔しました~(#^.^#) 失礼しました~。
    2015年09月10日 18:34
  • みけ

    こんにちは。
    遅ればせながら、ジュラシックワールド語りに参加します!
    私は3Dで2回、4DXを1回体験しました。
    4DX凄いですよ。私、一人で行ったのに「キャー」って声出しちゃいましたもん。
    ちなみに両隣をカップルに挟まれて。
    確かにド迫力、アトラクション感覚で楽しめますが、何より玉声目当ての私としては、五感の中で聴覚だけが異様に冴えわたっていて、あまり意味がなかったかも(笑)
    皆さんおっしゃるように、玉オーウェンは超素敵でしたね。玉声のおかげでマッチョなだけじゃなく思慮深い男性になっていた気がします。
    でも、ジュラシックパークから続くこのシリーズって、主演俳優にカッコ良さを求めてない気がするんです。クリスさんも王道的イケメン俳優じゃないですし。それなのに、ツイでも多くの女性が「オーウェンに惚れた」と言ってましたね。それって玉声の貢献度が相当高かったんじゃないかと思ってます。
    吹き替え版には玉木さん本人でもなく、オーウェンでもなく、玉オーウェンだけの特別な魅力があったと思います。
    それは、もしかしたらあのムキムキな体から優しい玉木さんの声が発せられるという微妙なバランスのおかげなのかもしれません。
    それと、ツイの反応を見て思ったのは、皆さん玉木さんのことを「王子様的イケメン」と思ってる人が多いのかな?ってことです。千秋先輩のイメージが強すぎるのかな?そういう人にはタケオと真島さんと義朝様を見せた後に、ダビンチの表紙を見せつけてあげましょう。
    最後に、舞台挨拶の時、玉木さんは「続編には100%参加したいな」っておちゃめな感じで言ったんですよね。それってもしかしたら、自分は俳優だから、声だけじゃなくて体で、表情で演技したいっていう意味だったのかな?と勝手な解釈をしました。このプロ意識!カッコよくないですか?玉木さんの言葉にはいつも深いものを感じます。
    2015年09月12日 11:48
  • すもも

    >ぱれっとさん
    映画館にするっと行かれない方もたくさんいらっしゃいますよね。場所だったりその時の状況だったり…見に行かれるだけでも感謝しますよ本当に!そしてこんな楽しみをくれた玉木くんに
    そう、クリス・プラットさんと玉木くんは同い年なんですよね。先日の来日のときにクリプラさんと会えなかったのは本当に残念でした!
    『タイムライン』はまだなんとなくたどたどしいような印象があったんですが(ゴメンネ)、『マダガスカル』のアレックスの演技はホントにびっくりでした!もちろんいい意味で!今回のオーウェン役もかっこよかったし、またぜひ洋画の吹替えやってもらいたいです。
    「もういいんだ、こっちへおいで」って、そんな台詞ありましたか~←覚えてない
    2015年09月13日 02:30
  • すもも

    >たーぼーさん
    デ○ノート(笑)。ほんとですよ、あたしたちの呪いを受けるがいいわ!きっと今ごろ彼はまだ、毎日出かけるたびにウ○コを踏んでしまっているでしょう
    それにしても玉木くんって、本当にセクシーな声なんですよね…私たちファンならともかく、一般の人たちをもその声だけでとろけさせてしまうんですから
    そして新次郎さん!追加された「人物図鑑」も面白くて、ホント毎日公式サイト覗いちゃいます♪遊び人だけど粋で品があって色気があって…説明を読めば読むほど、この役は玉木くんにしかできないんだろうなって気がします。楽しみだなぁ~~!!
    たーぼーさん、G平気なんですね!スゴイー!
    2015年09月13日 02:39
  • すもも

    >かおっちさん
    「コレ見てムービー」のインタビュー、繰り返し繰り返し見ています!「家業を継ぎたくない」その理由がある、理由があってふわ~っとしている、と説明する玉木君、梨央ちゃんの話に相槌打ったり話をつなぐ玉木君、波瑠ちゃんとの様子…どれも大人で素敵で、頼もしい
    2015年09月13日 02:42
  • すもも

    >みけさん
    4DX!私も月曜日に一人でですが見に行きます!チケット取りました!字幕でもいいと思っていたら吹き替えなんですよ~ラッキーアトラクション系大好きなので、楽しんできます!
    玉オーウェンが暴れだしたヤツのことをコントロールルームで説明するシーン、玉木君の声がじっくり聴けるから大好きなんです。(「生態系の中で自分の位置を…」ってところ)
    玉木君は世の中的には圧倒的に「王子系イケメン」の代表格なんじゃないかなぁ。知的で細身で優男で、みたいな。ふんっ、そんなもんじゃないのにねぇ~。「続編には100%」っていうのは、もちろん役者として参加したいという意味でしょう。リップサービスでしょうけど本気なら今から英語を猛特訓しなくっちゃ!
    2015年09月13日 02:51

この記事へのトラックバック