「心の秘境」西ノ島を歩く玉木くん

ひゃあぁぁぁ~、今週も絶景でしたねぇ~~開始2分40秒あたり(←違)
…いやあの、コホン、みな玉ご覧になりました?玉木くんが船の上かどこかでカメラを構える姿。
思わず「おおほほぉぅっと声を漏らしてしまいました。あの瞬間周りに誰もいなくってよかったーと心底思いましたよ(しっかしホントに薄いんだな…

…いやそうでなくて、西ノ島。素晴らしい場所でしたね。途中何度も「ここ日本じゃないみたい!」とつぶやきながら観ていました。
あんなふうに、切り立った断崖絶壁のぎりぎりまで緑の草原が広がった場所があるんですね~。
そこに観光客がわんさかひしめいてたりもせずに牛や馬が放牧されていて、まるで夢のような眺めだな~と。
こんな素敵な場所をみんなに教えてくれちゃって良かったの?となんだか心配になっちゃった。

でも以前はもっと観光客がたくさん来ていて、地元としてはまたもっとたくさんの人に来てほしいと思っているのかな。だとしたら、玉木くんのこの番組が少しでもお手伝いになるんじゃないかなーなんて。
だってあれ見てたら行きたくなるよね。そこにヒロシがいてくれたらなお最高←無理です。

年に一回はいまでも帰ってるんだもんね。ほんとに律義なお人。
帰るたびお祖母様のお墓に手を合わせて、お祖父様に元気な顔を見せて、懐かしい海に潜って、上がると地元の人がみんな玉木くんを見に来ててびっくりすると
この話のくだりも含め、今回は前回よりもさらに旅人というよりも、玉木くんの「地元」感が出てて、すっごく楽しい時間でした。いいもの見せてもらったな♪
地元の人たちがみな親しみを込めて「玉木くん玉木くん」って呼んでくれて、それに対してちょっと恥ずかしそうに嬉しそうに応えるヒロシくん。
ホントに自然体というか、飾らない人なんだねーというのがにじみ出ていて。
島に着いて早々出会った赤ちゃんとそのお爺ちゃんに「○○のとこの息子だよ」って教わってたり。
大切なとっておきの海水浴場へ向かう途中で会ったおばさんとの語らいとかね。夜光虫ね。ギルティ~!と叫びましたよ。芽衣子に見せたげて~!

「ちょっと外浜行ってまた帰ってくるんで」 
「は~い」
「行ってきま~す」
「は~い」
このすっごい自然なやり取りに萌えました近所のおばさんと「その辺のガキ」だった頃の玉木くんに思いを馳せちゃったりして。

あとソフトクリームのお店。ほんとに玉木くんの少年時代のプライベートな場所。心底リラックスしてる玉木くん。
「子供の頃にチャリンコで…」の話の続きが気になる!
玉木くんが帰ってくるとすぐ伝わるっておばさんも話してたけど、ツイ見ててもわかるもんね。誰かがつぶやいてるから。でもほんとの地元の人はあんまりつぶやいてない気がする。つぶやいてるのはたまたま船で玉木くんを見た観光客の人とか、今は地元を離れてる人とか。
つまりさ、この島に来てゆっくり過ごそうという玉木くんのことを、島の人たちも尊重してくれてるっていうか。愛されてるなぁ

「こっからヤバイですよ~」と嬉しそうに自慢気に、絶景ポイントを紹介する玉木くん
赤尾展望所・・・この眺め本当に素晴らしい
「ここでボーっとしてる時間が多いかもしれないなぁ」って言ってたけど、あたしもこういう場所でただただ海を眺めてボーっとするの大好き!
2,3時間ぼーっと眺めてても平気だからぜひご一緒にえ、いらないですかそうですか。
玉木くんはきっと「ボーっとする」のは一人でじゃないと、しないんだろうなぁ。

「こんなに高いところなのになぜ急にそこで削ぎ落とされてるんだろうって」と素直な言葉で語る玉木くんが好き

放牧されてる牛が道を遮るのどかさ・・・摩天崖「馬も牛も放牧されてて…きっとノーストレスだと思うんですよね」って言ってたけど、あなたがいちばんノーストレスになれる場所なんだろうなぁ。
牛や馬が放牧されてる風景は北海道でも見たことあるけど、あんな緑の断崖の絶景をバックにした放牧風景じゃなかったよな~。いやそういうところもあるのかもしれないけど。

イヤ今回はね、初回よりもちゃんと絶景を見ましたよ。玉木君ばかりに目を奪われたりしないで
それでも、摩天崖でカメラを構える玉木くんの格好良さに
強風にTシャツの首元がちょっとはだけて、少しだけ露わになる焼けた肌に
まー、あっちもこっちも見なきゃいけないあたしたちも忙しいですよねホントに
もっともっと強風がお腹のあたりに吹きつけてシャツの裾をぐーんとめくり上げないかなーとか(変態)
のだめの高橋君(清良のライバル)の気持ちになっちゃいました。
それでさ、くるっと振りかえったときの眼光の鋭さ
胸筋(お○ぱい?)に目を奪われがちですが、めっっっちゃかっこいいよねぇぇぇ~~
これカメラマンさんもドキッとしたんじゃないかな!(←なぜハート)
あのさー、細かな仕草や動きがいちいちいちいちかっこいいんだよ!もう!←逆ギレ

す、進まねぇ…(番組開始~18分経過)

あれ?今気がついたけど、どっかで釣りしてる写真があったよね?この港でやってたんじゃないの?あっという間に何匹も釣りあげたって。放送ではカットされちゃったのか。
見たかったなー、苦手な釣りに挑む玉木くんが見たかったのに。

サザエ丼美味しそうー!ここの女将さんいいなぁ~、このあと玉木くんを誘ってドライブよ~(ちょと違う)
いいなぁ玉ちゃんとずっとしゃべってるよ…

しかしこの美田小学校、すっごくいい建物だね~。残されることになって良かったよね。こんないい建物、天井も床も階段もぜんぶ木を使ってて、今じゃなかなかできないよ。映画のロケとかでも使えそう。
しかし玉木くん、わからないとなんでもすぐ「トイレ」って言うのね…(トルコのときも)
「足を洗わずそのまま行くヤンチャなヤツ」って自分のことなんじゃ?

卒業アルバムでお父さんの名前を見つける玉木くん…お父さんの写真はどれかわからなかったのかな。きっとあの中で一番目鼻立ちの整った子供がそうと思われます。
お父さんのことを思いながら、お父さんの子供時代に思いを馳せる…玉木くんにとってもすごくいい時間が過ごせたんだろうな。
それを「心の秘境」と喩えた玉木くん…好きだー←やっぱりコレ

しっかしいいなぁ~あたしも玉木くんとたらたら無駄話したい~~(無駄って言うな)

このあとの「看板するめ」のある魚屋兼お土産屋さん兼食事処のおじさんも、いい味出してたよね~。
「玉木くんいつも見てるよ」って言いながらちゃっかり(←ちゃっかり言うな)背中をポンッと叩いたりして。
いいなぁいいなぁ、あたしも西ノ島の人になりたい~!←

「少し太った?」
「少しどころか20キロくらい太った」のくだりもよかったね。西ノ島の皆さんにも心配されてたんだね
アジのみりん干し美味そう~~!!

最後の船に乗ったところ、「上からも操縦できるんですね」って言う玉木くん、俺もやりてぇ!って思ってたんじゃないかな♪
船舶免許取ってから、ハワイ以外で操縦したのかな。いいなぁ玉木くんの操縦する船に乗りたいよー(これ書き終ったらRA★MGのDVD見ようっと)

海から眺める奇岩…鬼の金棒通天橋、そして国賀海岸。ダイナミックな眺め~!奇岩ってすごいよね。荒波にちぎり取られたみたいな造形。
この場所を見せようと、この島に誘われた友人…中学時代のお友達とかかな。こんなプライベートな場所に誘うって、本当に心を許した人だけだよね。玉木くんにそういう人がいてくれて嬉しいです(←アンタ誰?


いやもうほんとにね、全編ごちそうさまですと、この番組を企画してくださった方たちに深々とお辞儀をしてお礼したいです。
ただ一点言わせていただければ…タンクトップ姿は最初だけで、ほとんど袖ありだったのがナンですが(←そこ?)
こんな贅沢を毎週味わってたら痛風になるよ…と心配していたら、来週再来週は再放送になるんですね。
や、でもそれでちょうどいいかも。新しい内容は月に2回放送ってことでしょ。
もったいないよ~天下の玉木宏の旅番組を週1で放送なんてもったいなさすぎる!月2回くらいがちょうどいいペースですよ。
俳優業のスケジュールもあるし、ゆるゆるやって、長~~く続けてくれた方が嬉しい。番組への感想にもそう書いておこう


そういえば以前、小学4年生くらいの時には、名古屋から一人でこの西ノ島のお爺ちゃんのところへ遊びに来ていたって言ってたよね。
今回、玉木くん自身が案内してくれて、大切な大切な場所を堪能させてもらいました。
あたしたちって本当に幸せなファンだよなぁ~
こんなふうに、玉木くんのプライベートな部分をちょこっとのぞかせてもらえるなんて。


次回は本土に渡って山陰地方を何回かまわって、そのあと東京の秘境だっけ。
そのあとのは連ドラが終わってから行くのかな。またあちこちで目撃ツイがあがるよね。
ここまでリラックスした表情が見られるのは西ノ島ならではなんだろうけど、別の街でまた別の表情を見せてくれることを楽しみに



そうそう、『神様はバリにいる』の予告編も出ましたね!これは別記事にした方がいいかな。
そして今日は『幕末高校生』のブルーレイ&DVD発売のお知らせもありました!1月21日!

2015年の新春も大忙しですね。あ~楽しみ!!















この記事へのコメント

  • パープルポテト

    すももさん、こんばんは。開始2分40秒くらいの絶景は、また出てきてくれないですかね? タイトルに入っていてまだ本編に出てこない険しい道を上っている場面はどこの山道?とかいろいろ思いながら見ています。
     しかし日本人離れした美形と言われることもある玉木くんには、日本離れした風景が似合いますね~崖の上が草原っていいなあ。風の強さもいい!
     でも今回の私のお気に入りは美田小学校です。きれいに管理されているところに、地元の人の愛着が感じられます。階段の手すりまで木で作ってあるところとか、廊下にある手を洗うところとか、昔の小学校ってああだったよ、と懐かしい。
     玉木くんがソフトクリームを食べる口元も好きでした。本当に毎回、眺めておいしい場面があるので嬉しいです。
     週刊誌に載っていた玉木くんが釣りをする場面は東京の秘境(12月放映)ですよ、先々まで楽しみがありますね! 頑張ってハガキ出しましょうね。
    2014年10月10日 18:03
  • トマト

    すももさん、こんばんは。
    玉木くん取って置きの大切な緑豊かな絶景と島の人達が温かく見守る玉木宏の人間性。 本当に至福の1時間でした。
    西ノ島の素晴らしさ、ここは癒されるんだ。 子供の頃はこうして居たんだよ!ってまったり、ゆったりと私達が後ろから付いて歩いている様な素敵な時の流れに、心身共に癒されていました。
    旅番組もさまざまで、賑やか過ぎるのも多いなかで、うるさくない玉木くんの程々の良いペースで、素直な心の声で案内してくれてこんなに素敵な番組はありませんね
    観光船に乗ってる玉木くんに近くの人が手を振ってくれたり、○○さんちの孫だよ。とかアイスクリーム屋さんでの話とか全て玉木くんのルーツを楽しませてもらいました。
    島の皆さんが毎年温かく迎え入れて下さっているから玉木くんも心地よく過ごせているんだろうなと云うのが観てとれて本当に嬉しい西ノ島でした。

    もちろんカメラを構える開始2分40秒はひゃぁ~と奇声を上げて一時停止でリピリピでしたよ。。風の強さでTシャツの裾がはためくだけなのにエロイなぁと眼福眼福
    2014年10月10日 22:38
  • すもも

    >パープルポテトさん
    そうだ、釣りをしてる写真は週刊誌で見たんでした!なんか毎日いろんな画像を漁ってて、ごっちゃになってました。ありがとうございます。釣り師ヒロシ、楽しみ♪
    西ノ島、初回の隠岐の島より見応えあった~というのが素直な感想です。やっぱりあの断崖絶壁!こんなダイナミックな景色が、隠岐の小さな島にあったなんて知りませんでした。そして雄大な自然の風景になんて映える男

    タイトル部分に映る険しい山道は三朝のあたりですかねー?木に登る場面もこの先あるんですよね、すっごい楽しみ!
    そうそう、毎回大好きな「食べるヒロシ」を眺められることも本当に幸せ癒されます。。
    2014年10月11日 01:34
  • すもも

    >トマトさん
    けっこう前ですが、玉木くんがこの島に年に一回は帰ってると知った時、こんなビッグな芸能人になった人なのに、律儀だなぁというか、フワフワしてない人なんだなぁと意外に思ったんです。普段忙しい彼のような華やかな仕事をしている人が、せっかく取れた休みがあったら、もっと派手な過ごし方もできるはずだし。ハリウッドの俳優で言えばアカプルコとかドバイとかに行っちゃうとかね。
    いやきっと派手な遊びや旅行もしてるだろうけど、でも、毎年こんな遠くの島にちゃんと帰って、お祖母ちゃんのお墓参りしてお祖父ちゃんに顔見せて、子供のころから慣れ親しんだ海に潜って、断崖絶壁でボーっと過ごす…。地に足着いてますよね。素朴だなぁと。あんなにエロいのに(笑)
    大げさすぎない穏やかな玉木くんのリアクションに癒されます。ゆったり語る声も本当につくづく魅力的!ずっと続いてほしい番組です♪
    2014年10月11日 01:49
  • カリフォルニアのラッコ

    すももさん、こんばんは♪「心の秘境」が始まってすももさんや他の方のブログを読みながら、ず~っと妄想しまくりの日々です(笑)。今回の開始後2分40秒のその瞬間もすご~く気になりますわ♪♪本当にこれほどまで玉木君にとって大切な「心の秘境」を見せてくれるなんて、ファンにとってこれほど贅沢な番組ってないですね。景色も映像を見てはっと心を奪われるぐらい綺麗だし。前にすももさんもおっしゃっていたと思うけど、最近になって、玉木君自身がご家族というプライベートの部分で「素」を出してもいいって思えてきてるのかもしれませんね。変わってきてますよね、年々。素敵だなあ。

    私は前に何かの番組で(A-sutdioでしたっけ?)「ウォーターボーイズ」の合宿中に玉木君が突然いなくなったから皆で探してたら一人で海を見てたっていうエピがすごく印象的で覚えているのですが、もしかしたらその頃からこの故郷の海が心の秘境だったのかもしれないなって今回想像しちゃいました。家族を大切にしているっていうスタンスもずっと変わらないですしね。
    玉木君という人は年を重ねて、大人の男の色気をプンプンさせるようになった今でも、その変わらない「ピュアな」部分があるってすごく素敵だなって思います。だから見てる方もつい心を許しちゃうんですよね~って惚れてるってことですが♪♪♪
     「大げさすぎない穏やかな玉木君」を早くじっくり堪能するのが楽しみです。その前に来週は朝尾社長に会えますね!!これはたぶん動画で見れると思うので今からドキドキしています。会報や「幕末高校生」のDVDのお知らせ、「神様はバリ」の公開など、情報続々。忙しいけど楽しい日々が続くから嬉しい~悲鳴ですね。
    2014年10月12日 22:57
  • すもも

    >カリフォルニアのラッコさん
    この番組をラッコさんがご覧になれるのは、やっぱりしばらく先なんですよね。もうしばらく辛抱して待っていてくださいね!待てば待つほど会えた時の喜びも大きいというもの 開始2分40秒の眺めはまさしく「絶景」ですから、どーか期待していてくださいね!
    うんうん、役からは影響されないと言っていたことやプライベートのこと、以前の玉木くんから少しずつ変わってきていること…そんな変化もひっくるめて素敵ですほんと、いいオトコだなぁと惚れ惚れ
    一人で海を見ていたエピ、覚えてます。「一人が好きな寂しがり」っていうのもありましたよね。ほんとに大切な友人は限られた人たちで、大勢でワイワイやるのも楽しいけど、心許せる数人の友がいればいいっていう玉木くんが好きです。地元の友人との付き合いを今でも大切にしているところも、地に足が着いていて素敵だなと思う。
    今日も番宣での番組出演があったけど(『まる見え』)、本当に素敵でした。コメントも落ち着いて的確だったし、大人の男って感じで安心感すらありましたよ♪私の二大「宏」のもう一方である「荒俣宏先生」も出演していて、嬉しかったぁ
    2014年10月14日 01:51

この記事へのトラックバック