グルーブラインZ 生出演 vol1

ジョニー・デップは東急ハンズが大好きだから、来日中にどこかのハンズで張ってればジョニデに会えるって・・・ってそんなことはどーでもいいんだよ
ついにこの日を迎えた~♪
17:10ころに一度、ピストンさんが「今日は玉木宏さんがゲストです。玉木さーん、聞いてますか~?これ聞いてるかなぁ?あとで写真撮ってもらおうっと」って言ってました。16:30の開始前に顔合わせとかしてるのかと思ってたので、意外に思ったの。あの時点ではまだスタジオ入りしてなかったのかなー。

ということで、18:10をちょっと過ぎた頃からゲストタイムスタート~

(長いので2回に分けます)

玉→玉ちゃん  ピ→ピストンさん  ア→アシスタント女子


ピ ええ・・・か、かっこいいすね! 
ア うん!!(←感動して声が震えてるのか?)
玉 いやいやいや、そんなことないです、もう。
ピ いやぁ~(否定する玉ちゃんのこえにかぶせ気味に)、おれ、おれ、アンタに生まれりゃ良かった!
玉 いやいやいや(笑)
ピ なんでー、いいなぁ~、玉木宏さんです、こんばんは!
玉 こんばんは!
ピ はじめまして。
玉 はじめまして。いやほんとに、今日の日をね、相当楽しみにしてました、僕。
ピ そうですか!
玉 はい!
ピ いや、出たらダメですよ、ああいうね、クリーンなイメージの方が。
玉 いやいやいや、僕もね、グルーブラインのリスナーです、僕も。
ピ ・・・マジですか?
玉 はい!
ピ え、なに、こういう黒いハナシとか好きなんですか、実は?
玉 大好きです!
ピ えええ~~~!
ア はっはっはっ~
玉 イヤ、スゴイなピストンさん、と思いながら、
ピ そうですか、いや僕前から思ってたんですけど、アナタ声がいいじゃないですか。
玉 いやいや、ありがとうございます。
ピ 声にすごい特徴あるし、優しいし、深みもあるんでね、ラジオのDJとかキレイにやったら、すっごい人気出ると思うんですけど、今の収入の十分の一になると思いますよ~
玉 あははは~(楽しそう)
ピ ということで、玉木さんはですねぇ、あの、テレビ出て俳優とかね映画とかね、そういうお仕事のほかに歌を歌っていると。
玉 はい、そうなんです。
ピ ということでね、もうかなりやってますよね、歌ね。
玉 はい、えーと7年ですね。
ピ アルバム3枚出ている。
玉 はい。
ピ アルバム3枚出たらー、もうなんか、ベストアルバム出せるくらいの量あったら、これ完全に「いちミュージシャン」ですよ。
玉 そうですね。まぁ量で言えば。
ピ ベストアルバムっていうのがね、出せるぐらいの量を出してる人っていうのは、まあ、趣味や、それからこう、酔狂でやってるんじゃなくて・・・
玉 うん(相槌打ちながら聞いてる。玉ちゃんの相槌好き~
ピ ちゃんとしたプロだと思いますよ。
玉 うん、ありがとうございます。
ピ いやいやいや・・・褒めるとまぁ~、褒めるとまぁ~!
ア うふふふふ
玉 あはははは
ピ 褒められ慣れてる感じ!
玉 いやいやいやいやいや・・・!
ア あははは
ピ いやぁ~アンタみたいに褒められた人生になりたいよオレはぁ~!
玉 ピストンさん、なんか毒舌で来るのかなっと思ったら、意外となんか素直に言ってくれたので・・・
ピ いやでも最後、毒つけときましたよ。
玉 ああ~
ピ おお~、いえ~そうなんですか。で、自分で曲も作るんですよね?
玉 はい、まだあのー、詞は書いてますけど、実際作曲したのは1曲しかなくて。
ピ うんうん、で、まぁ、あの、『FREE』って曲をね、今日はあとで聞いてもらうんですけど。
玉 ええ。
ピ これー、タイトルからして顔のいい人しか歌えないです。
玉 なんでですか!どこがどうそうなんですか。
ピ いやいやいや、だって、顔が良くない人がね、「自由に」って言ったって、お前~別に自由にしてりゃあいいじゃん!っていう・・・
玉 はっはっはっ
ピ 誰でもいいじゃんそんなものは(?)って
玉 あっはっはっ
ピ こういうやっぱりー、アンタみたいな人が自由だと、やっぱりそれは、みんなも救われるーみたいなさ。
玉 うん?ふっふっふ・・・そういうもんですか?
ピ そういうもんですよ!ライブだってそうですよ。
玉 うん。
ピ ギターをこうやってね、弾きながら、たとえば、アンプとかスピーカーに足かけるでしょ?
玉 ええはい。
ピ あれも顔のいい人しかやっちゃダメなんですよ。
玉 あっはっはっは、そうなんですか?
ピ がんばってるー短いのにーとか、足短いのに頑張ってるーとか、思われちゃうでしょう?
玉 そんなことないですよ。
ピ いやいや!それはじっさいあります!
玉 ホントっすか~?
ピ そうっすよ~。ライブの時にちゃんと、人の前に立って歌う顔とかって、研究してるんですか?
玉 それはね、あんまり気にしてないです。
ピ ・・・だからでしょ?ほら、顔がいい人は気にしなくていいんだよ!
玉 いやいやいや・・・
ピ オレらね、ライブやる時なんかもう、必死ですよ!どんな顔がいいのか。
玉 うっそ~
ピ ほんとほんとー、この角度かぁ~?みたいな。
玉 ほんとに研究します?
ピ あります!オレ、ずーっとギター弾いてたんですけど、母ちゃんの三面鏡の前で「こうかぁ?」
玉 あっはっはっはっは~(爆笑)
ピ 「こうかぁ?」
玉 三面鏡って、ずいぶん身長低いですよ。
ピ そうですよ、いやだから、かがんでギターを
玉 かがんでね。あははは~
ピ まずギターをかかえて、カッコいい高さを調節するんですよ。
玉 ああー。
ピ 引きづれぇ~って
玉 ああー。
ピ で、それで、引きづらいのガマンして、普段から立って練習するんですよ。
玉 そっかぁ・・・。
ピ そういう努力をアナタはしないでここまで来れたんです。
玉 いやいやいや・・・はい、気をつけます。
ピ ほんとにねぇ、ほんとはもうねぇ、自分のその恵まれた環境というものを意識してくださいよ。
玉 はい、わかりました。(←もう反論あきらめてる。笑)
ピ じゃないと僕浮かばれないじゃないですか!
玉 はい!あはははは~
ピ あはははは~(二人とも爆笑) いやだからこんな番組出るなって言ったのに。
玉 いやいやいや・・・
ピ えーっとぉ、ニューシングルが『FREE』なんですけれどもー、まあライブもあってですねぇ、で、そういったお話をこのあと聞こうと思うんですけども!
玉 はい。
ピ これは歌詞を書かれてる中で。
玉 はい。
ピ アナタ、ふだん、自由ですか?自由無いでしょ、意外に。
玉 自由がね、意外と、ちょっとやっぱり無いなっていうのがあって、もちろんやらなきゃならないこともあるし、それをやってから、ま、すぐ自分を解放させるためにドライブがけっこう好きなんですけど。
ピ あーそうですか。
玉 うん、車で外に出たりとか。しますね。
ピ はいはい、まぁー、やっぱりあのー、外歩くとね、名前が売れてる人、顔が売れてる人っていうのはね、どうしてもあの、好奇な目で見られたりとか、なんかちょっとこう、普通の人みたいにほっといてもらえない部分あるじゃないですか。
玉 でもね、自分はそんなに気にはしないですけどね。
ピ あーそうですか。
玉 ええ。
ピ ものスゴイ変装、やっぱり黒いキャップにサングラスですか?
玉 う~ん、まぁ昼間は、そうですね。夜してたらけっこうね、おかしいなってのがあるんですけど。
ピ ああ~、やっぱりサングラスしないと歩けないですか?
玉 うーん、いや、そんなことない、普通の眼鏡もはめてます。  
ピ ああそうなんですか。とりあえずバレないですか?
玉 ぜんぜんバレないです。東京の人って、でもそうじゃないですか?割と見て見ぬ振りというか。
ピ ああ~、あ、そうですか。
玉 ええ、そうですよ。
ピ だからぁ、やっぱり自分は自由が欲しいわけだ。
玉 自由が欲しいんですよ!
ピ なるほど。
玉 うん。
ピ あの~、エロDVDとか借りたいすか?
玉 エロDVDも借りますよそりゃ。
ア え、あっはっはっはっ
ピ うそぉ~!
玉 借りますよそりゃ!
ピ いいのぉ?このハナシ・・・
玉 ぜんぜん大丈夫ですよ!
ピ あ、いいの~?見て見ぬ振りしてる(←スタッフ?マネジャーの方でも確認してたのかな?)ああそう。
玉 ぜんぜん、大丈夫です。
ピ まああのー、ねぇ、役者さん本人は言いたいんだけど、事務所に押さえられてるケースが多くって。
玉 そうなんです。
ピ そういうところを僕がつつくとですね、あとから、もう西沢とは絡ませられないみたいな、オッケーなの?
玉 ぜんぜんオッケーです!
ピ キミー、マネージャーさん、首を賭けてオッケーなの?
玉 あはははは
ピ エロDVD、最近借りたタイトルを言ってください。
ア ええーー!
玉 あっはっはっタイトルですか!
ピ なにモノが好きですか?(←コレがいつものピストンのノリ!)
玉 なにモノ!
ピ ええ、どんなモノ
玉 あのー、女の子二人出てるヤツが好きです(言いながら笑)
ピ うわっはっはっはっはっ(大爆笑)
玉 はっはっはっはっ
ピ 自由なトークですよ、自由な!
玉 男は・・・あんまりいらないですね、映像でね。
ピ ああーそうですか。
玉 得した気分になるじゃないですか、
ピ そうですよね
玉 まいろいろ、レズものだと。
ピ はい。あれぇーうほっほっほっほ(←そこまでぶっちゃけていいのか?って驚きの笑い)曲に行っといたほうがいいらしいっすよ。曲紹介してください。
玉 はい、玉木宏で、『FREE』
 
     ♪♪♪『FREE』♪♪♪   

すいません、ほんとは一気にアップしたかったんです、言葉も色分けとかいろいろ読みやすくしたかったんですが、時間がなくて・・・少しだけでも早く早くお届けしたくて、こんな途中でとりあえずのアップです。
イロイロ事情がありまして・・・・・お察しくだされ。

玉ちゃんはほんとに楽しそうでした!

この記事へのコメント

  • 和音

    すももさん、詳しくあげてくれて嬉しい~
    聞けなかったけどつい見て内容察しましたw
    玉木くんまた爆弾発言したのね~ファンは慣れてるけど
    一般のリスナーの方々はさぞかし!!!な事でしょう(笑)

    続きのアップ楽しみにしています♪
    2011年04月25日 21:33
  • みさと

    すももさん、すごすぎです。
    もう完璧なテープ起こしです。

    やっぱりエロトーク炸裂でしたね。
    ホント楽しそうでした…。これでまたたまちゃんのお仕事の幅が広がってくれるといいなあと思いましたです。
    2011年04月25日 22:39
  • すもも

    >和音さん
    爆弾でしたよ、アシスタントの女の子も、さすがに「女の子が2人出てるのが」のくだりでは引いてましたよ…
    きっと見てはいけないものを見てしまった気分だったんではないかと。
    一般リスナーの反応が知りたいような、コワイような(汗)


    >みさとさん
    そうなんです、なるべく完全なテープ起こししたかったんです~。あ、とか、う、とか、ひと言もらさず書き起こしてやる!と思ってたんですけど、あまりに細かくやるとかえってわかりにくくなったり…。でも聞けなかった方でも、読んでて玉ちゃんとピストンさんの楽しそうなやりとりが聞こえてくるようにしたかったんですよ~。
    エロトークで仕事の幅…ど、どんな仕事が増えるんだろー??
    2011年04月25日 22:53
  • ケロリ

    すももさん、すごい~!ブラボー!
    頑張りましたね。うぅぅ涙ものです。
    私も、もちろん聞きましたよ~~~
    そして、ショボイCDラジカセを使ってカセットテープに録音しましたよ!電気音痴の私にはこれが精一杯。。。

    ラジオは本当に面白かったです。先日のNakedの続きのように、爆弾発言が・・・いいんですかねぇ~本当に?和音さん同様、ファンは慣れましたけど・・・千秋様をイメージしている人にはショック大ですよね。
    私は、今Nakedのインターネット放送を録音したくて悪戦苦闘しております。放送自体はラジカセで、テープに録音してるんですけど、私書箱ネットオンリーをどうしても録音したいんです!!金曜日までに何とかしなくては!!
    2011年04月25日 23:02
  • ちろ

    すももさん、ありがとうございますぅ(≧∇≦)

    ピストンさんの声は知らないので勝手に想像して、臨場感溢れまくる会話、楽しめました!
    最後の方なんて、声出して笑ってたら、子供達から ドン引き…。面白いんやって!と言ったものの さすがに「レズ」は見せれないし~~

    でもさすがピストンさん。アルバムの事や 玉木くんのエロい話を上手く聞き出しますね~♪♪
    こりゃ、後半も楽しみだっ!
    書き起こし作業は 大変だと思いますが、聞けなかった私にとっては 本当に、本当にありがたいです! 無理せず、すももさんのペースで 続きもよろしくお願いしますね♪
    2011年04月26日 00:30
  • すもも

    >ケロリさん
    同じです!私も20年ぶりくらいにカセットテープを買い求め、録音しましたよ!
    >千秋様をイメージしている人にはショック大
    言えてる~しかも土曜日に素敵千秋さまを放送してたばっかりだしね。でも本当に玉ちゃん楽しそうでしたよね。
    インターネット放送の録音…PCオンチな私たちには難しいですわね。おほほほほ。何回か前のネットオンリーの最後に玉ちゃんが「バイバイ」を囁いたことがあったでしょ?あれをどうしても残したくて、あの時まだラジカセの準備が無かったので、携帯のボイスメモに録音しましたよ。音質はひどく劣化したけど、寝る前とか帰り道とか、好きな時に再生しては「うひょっ」となってます
    2011年04月26日 01:03
  • すもも

    >ちろさん
    いやぁ~、すこしでも楽しんでいただけて良かったです!なるべくそのまま書き起こしたいと思って…でもかぶってくる笑い声とか相づちとか、そういうのこそ再現したいのに、文字にするのは限界があって…。伝わりづらいと思いますが、いまはこれが精一杯でごんす!(←誰?)
    >面白いんやって!と言ったものの さすがに
    ええ、ええ、それはやめときましょう。アシスタントの女の子もさすがにあそこではドン引きだったような気がしました…
    2011年04月26日 01:10

この記事へのトラックバック