すもも玉の空言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『悪と仮面のルール』 情報解禁!!

<<   作成日時 : 2017/04/23 01:59   >>

ナイス ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 12

ファンクラブの会報で予告されていましたが、やっときましたね〜!

原作 中村文則
監督 中村哲平
主演 玉木宏
『悪と仮面のルール』 2018年公開

ネットニュースの内容はどの記事もほぼ同じ、写真も公式の1枚のみです。

シネマカフェ(作品の紹介がかなりガッツリ
http://www.cinemacafe.net/article/2017/04/22/48845.html

ファッションプレス(玉木くんの紹介文が素敵
https://www.fashion-press.net/news/30483

CINRAネット(写真が大きい
http://www.cinra.net/news/20170422-akutokamennorule

iLIP(玉木くんの過去記事も素敵
https://ilip.jp/I0001698


去年の横浜RA★MGはこの作品のクランクアップ直後だったんですよね。
作品名とか詳細はもちろん話してくれなかったけど、とても充実した撮影だったことを語ってくれました。

監督やプロデューサーのツイッターやブログやFBによると、昨日完成した?
ポストプロダクションていうんですか、ラストの追い込みだったようですね…

中村哲平監督Twitter
https://twitter.com/teppeinakamura

中村哲平監督ブログ
https://ameblo.jp/makemovie/

平野コージ氏Twitter(たぶんプロデューサー)
https://twitter.com/hira_P_rock


実はこの映画に出演するらしいという噂を聞いて、原作は結構前に読みました。
もともとあたしは原作は映像作品の前には読まない派だったんだけど、このところ読んじゃってるんだよね…年取ってせっかちになったのかなぁ
というか、玉木くんの姿や声や演技を想像しながら読むのは、一度やるとクセになっちゃって…あんまり原作に引っ張られて、映像見ながら答え合わせしちゃうような見方になるのは最悪だと思うから、先に読み込まない方がいいとは思うんだけど。だってあたしは、玉木くん原理主義ですから!(鼻息荒)

映画の公開までまだ時間があるので、今のうちにさら〜っと読んでしまって、記憶を薄れさせておくというのもいいかも。2018年!『ラブ×ドック』もあるし、来年は映画雑誌をたくさん買わなきゃだ〜♪♪

原作はね…切ない物語です。それだけにしておきますね。(ネットニュースでだいたいわかっちゃうけど)
このお話をどうやって映像化するんだろう?とちょっと想像しにくい部分もあるんですが、この主人公を玉木くんが演じるというのは、なかなかたまらんです
「ダークヒーロー」と今朝のスポーツ新聞には書かれてたようですが、ダークです。たしかに。
でもね、「悪」じゃないと思うんですよね彼は。正しいことをしただけ、というより、他にどうしようもなかったというか。
ただひとつ守りたい愛があり、ただひとり守らなければならない女性のために、罪を犯すんです。
愛する姿、戦う姿、苦悩する姿…どれをとっても、今の玉木宏の演技で見たいものばかりです!(撮影はもう終わってるけど

主人公・久喜文宏は顔を整形して新谷弘一(玉木くんの顔)という別人になるわけですが、新谷弘一本人としての芝居もあるようなんで、二役と書いてある記事もありますね。美味しいわぁ♪

共演者情報は出ませんでしたね…すっごく気になってて、噂では二人ほどお名前を聞いてるんだけど、はっきりわからないし、まぁ解禁するまでのお楽しみですね。
やっぱり久喜家の父親役と兄役、主人公・久喜文宏の運命の女ともいうべき香織役が早く知りたいですね〜♪




前記事、前々記事へのコメント、たくさんありがとうございます
お返事書く前に新しい記事を先にアップしちゃってごめんなさい!
ちゃんとお返事も書きますので、もうしばらくお待ちくださいませ。。。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 50
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
すももさん、早速の記事ありがとうございます。
私も原作は既に読んでいます。実は玉木くんがミタライを演じたときに、島田荘司さんが中村文則さんとも交流のあることを知って手を伸ばしました。中村文則さんの作品には、「人はどんな時に罪を犯すか」というテーマがずっとあるような気がします。映像化は難しいと思いますが、常にチャレンジングな玉木くんらしい作品になると思います。
 まだ銀さんの毒に浸っている時なので、「悪と仮面のルール」の主人公が可愛く思えるかもしれませんわ……
パープルポテト
2017/04/23 05:03
すももさん、こんばんわ。
すてきな写真で、みとれています。
またまた複雑な人間ですね。
銀四郎にもうちょっとどっぷりひったていたいので、この写真一枚で満足です。
映画は完成までにずいぶんと時間がかかるのですね。
女の勲章のこと考えると、絶対ゆるせない人物がわたしの気持ちのなかにでてきまして、おいおいコメントさせていただきます。
御手洗さんのDVDをてにいれたけど、もっていることに満足して、まだみていない。
このDVDもほしい。どんどん進化してる彼から眼が離せない。
かちゃん
2017/04/23 06:19
おはようございます、すももさん。

やっと情報解禁になりましたが、ほとんど何も出てきませんでしたね。
来年のいつ頃なんでしょうかねぇ。
待つとしましょう。
神バリのように、細く長く公開になるといいですね。
全ての地域の方が見られるといいのですが。
御手洗くんも少なかったし。。。

私も原作は読みました。
面白いですよねぇ。ただ、どういうふうになるのか心配もありますが、今は期待して待ちましょう。

月の下
2017/04/23 08:56
すももさん、こんにちは。
まだ銀四郎に翻弄され続けていてリピしない日は無いのに玉木くん情報次々と本当に嬉しいことですね。

最初、今年が公開か?みたいに言われてましたが編集に時間がかかるようですね。 デリケートで難役だったと玉木くんが言ってましたが、時間がかかっても素晴らしい玉木宏の惡と愛を堪能できるなら待ちますよね。
神バリと同じ配給会社?ですか? 近い所で公開になれば嬉しいのですが・・・まあ遠くても行くに決まっていますがね。
今秋の舞台が終わってからの制作会見とかイベントとかになるのかな?
共演するキャスト陣の情報が知りたいところですが、楽しみ期待しています。
前回のお返事は急ぎませんよ〜。ゆっくりとお待ちしておりますからね。
まだまだ追記もあるんでしょう?楽しみです!
トマト
2017/04/23 14:21
すももさん、来年のことではあるけれど、次々とお楽しみが増えてきて、うれしいですネ^ ^
映像化が想像できない作品…となると、読まずに観た方が結果的に楽しめるかも?
原作を知らないのですが、星籠の海ほど入り組んでるお話でなければ、いきなり映画で観ちゃおうかしら…
グロくてきびしー場面がありそうなら、心の準備がてら個人的にはサラッと読んでおいたほうがよさそうではあるのですが、グロいかんじでしょうか?
彼が想う女性とか、配役が気になるところですが、編集に力が入ってるみたいだし、良作になっていることが期待できそうですね。
女の勲章ですけど、日が経つにつれ、あれはいったいなんだったんだろう…という疑問がムクムクと気になってしまいイケマセン(苦笑)
もっぱら、銀四郎なんですけど、私は女だから、玉木さんがそれぞれの場面でどう考えていたんだろうかと、男性目線での銀四郎が気になって、でも、たぶんその回答を得られる機会など無いわけで、ため息ですわ
まぁ、無駄な説明セリフやナレーションの無い、素晴らしくオトナな作品だったっていうことなんですけど、あれだけの大作の割にインタビューや解説がほとんど無いようなもので、お預け食らったワンコ状態にされて、つらいです(うるうる)
kiki
2017/04/24 14:31
>パープルポテトさん
私もまだまだ銀四郎にどっぷりなんですが、情報公開されたしとにかくそれだけ!と思って慌てて記事にしました
銀四郎に比べれば主人公が可愛く思える…たしかにそうかも〜!文宏は確かに罪を犯していくけど、悪人じゃないんですよね。脚本もすごく練って準備されたらしいので、どんな映像作品になるのか、楽しみですね!
すもも
2017/04/28 18:11
>かちゃんさん
公開された写真の玉木くん、ちょっと『MW』の結城っぽい感じですよね。中身は全然違うけど。悪人と一言で言っても、結城も銀四郎も、そしてこの文宏も、全然違う。三者三様の「悪」を玉木くんがどう表現するのか、楽しみです。文宏が一番真っ当な人間っぽいのかな…。
すもも
2017/04/28 18:14
>月の下さん
ねぇ、共演者情報を楽しみにしてたんですが、それはお預けになってしまいましたね。来年のいつ頃なんでしょう…来年は『ラブ×ドック』もあるから、映画雑誌や番宣テレビ出演もいろいろあるかもしれませんね♪あまり大掛かりな興行とはいかなさそうだけど、ちゃんとみな玉がご覧になれますように!
すもも
2017/04/28 18:16
>トマトさん
編集はもうとっくに終わってるもんだと勝手に思ってました、だからびっくりぽんでした!でも監督やスタッフが思い残すことがないくらいきっちりポスプロに力を入れてくれたなら、きっといい作品になってるはず!映画は編集が命だったりしますから!
まだ見ぬ玉木くんこそが、私たちの生きる糧ですよね。それがまだ今わかってるだけで3人もいるんですよ!幸せですね〜♪
すもも
2017/04/28 18:20
>kikiさん
うーん、グロい感じではないと思うんですよね…。割と会話で物語が進んでいく場面もあるので、どう映像化するのかなと思ってるんですけど、読んでみるとこれは恋愛小説だなという気もしてくるというか。主人公は一途に一人の女性を愛する男なので、それを玉木くんが演じると思うと切なくて素敵です

新次郎について玉木くんの言葉でいろいろ聞ける機会があったのに比べて、銀四郎についてはほとんどないですよね…どこかで聞ける機会が欲しいです!さしあたってハワイに行く方にお願いするしかないのかな〜。
すもも
2017/04/28 18:25
すももさん、アドバイスありがとうございます♡
読もうかどうしようか…映像を観ちゃうとそれに影響されちゃうから、原作が充実してるなら先に読んじゃうのもよさそうですね。
女の勲章は、先に読んでおいて、より時間を楽しめました。
読んでる時間、トレイラーな時間、彼が演じた作品を観る時間…
ハワイ組のみなさまって、ほんとにこのタイミングって、ご褒美ですね。
銀四郎な彼か、その後の彼か…どちらでも、同じ空間で同じ時間を過ごせるって、ね☆
彼の耳が赤かったとかどーかは、ブルーのフィルターなのか現場の装飾なのか昏く青味がかった映像だったから、普通の血色が赤く強調されてるように個人的に見えただけかも(ポーカーフェイスな彼の名誉の為に〜)
kiki
2017/04/28 23:35
>kikiさん
こちらへも遅れてごめんなさい!
「悪と仮面のルール」の中村監督がツイッターで、たっくさんびっしりとポストイットが貼られた原作本の写真をアップしていて、もの凄く、原作を大切にして映画化したんだろうなぁと。公開まで間があるし、原作に引っ張られないためにも、読んだ内容を忘れようかと思ってたんですが、それを見たらまた原作読みたくなりました。
ホント、このタイミングでハワイで玉木くんに会える人たち羨ましいです!せめて、来年ハワイRAMGができない理由だけでも教えてきてもらってね!
すもも
2017/05/10 18:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
『悪と仮面のルール』 情報解禁!! すもも玉の空言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる